イスラボニータ蛯名の“負けない顔”に◎ 騎手の裏コメント満載!マイルCS座談会

優馬TM座談会
マイルチャンピオンシップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3歳牝馬にシンガリ負けから一変の馬 伏兵もズラリ

デスク「今年は、2つの前哨戦で、富士Sがダノンプラチナ、そしてスワンSがアルビアーノと、ともに3歳馬が勝ったんだよな。改めてこの世代のレベルの高さ、もしくは古馬のだらしなさが浮き彫りになったんじゃないか」

須藤アルビアーノの前走は、一本調子のスピード馬というイメージを一新するものでしたね。初めての控える競馬で、あれだけパーフェクトなレースぶりでしたから、京都コースの適性も示したと言えます。相手はワンランク強くなりますが、自身にも伸びしろがあるはずで、通用していいと思います」

福田「学習能力が高そうやし、3歳牝馬でもフィジカル面で見劣らんわな。データ上は、3歳馬やスワンS組が近年劣勢やけど、デスクも言うとるように、今年の古馬マイル路線のレベルは高くはおまへんで」

西田「前走後は栗東に滞在していますが、環境の変化にもすぐに慣れて思い通りの調整ができたようです。かなり負荷をかけて追い切ってもケロっとしているそうですし、元々牝馬らしからぬボリュームのある体が、さらにトモに筋肉が付いて、まさに充実期といったところでしょうね。差す競馬で結果を出したように、精神面でも大人になっていますから、今ならどんな競馬にも対応できるはずです」

田崎「ただ、距離延長のみならず、前走よりも荒れてきた馬場に対応できるかは鍵だと思いますね。斤量も2キロ増えますし、△印でも目を取らなかったのは、そのあたりを考えての結論なんですよ」

アルビアーノ

前走後も栗東に滞在して調整を続けたアルビアーノ(撮影:日刊ゲンダイ)

久光「僕はヴァンセンヌ、天皇賞シンガリ負けからの激変に期待したいですね。2走前の毎日王冠もそうでしたが、距離が長くて引っ掛かったのが敗因の全てですし、ガス欠の馬を無理に追わない横山典騎手ですから、むしろここへ余力を残せたという点でシンガリ負けもプラスに考えることができますよ。勝ち馬を凌ぐ内容だった安田記念2着から、当然マイルなら巻き返せるはずですし、この中間はデビュー以来初めてとなるコース追いも取り入れて、状態も万全と見ます。さらに付け加えれば、テン乗りとなる川田騎手が、今年の重賞8勝中、5勝が乗り替わりでのもので、ピカイチの勝負強さにも注目です」

加茂「とにかく折り合いが鍵やから、ここ2走には目をつぶれるし、マイルの速い流れに戻ればキッチリ折り合えるはず。順調さで上回る安田記念の勝ち馬にはもちろんのこと、新興勢力とも互角に戦えると思いますわ」

武井「脚をしっかりと溜める形で競馬ができれば、僕も一変があって不思議はないと思います」

福田「前走で体力を消耗しなかったぶん、使っての回復も早かったのは確かや。2週続けて跨いだ川田騎手も、ええ感触を得た様子やったで。ただ、松永幹師が“道悪は巧いので雨が降らないかな”と、週末の空模様を気にしていたのが気になるんや。良なら足りん、ちゅうわけではあらへんが、京都コースでは3角過ぎての下りで掛からんか、ちゅう不安もあるわな」

清野「デスクは“終わったGI馬”の一頭と見ているかもしれませんが、私はロゴタイプを狙ってみます。古馬になってからは、体調と狙ったレースが噛み合わない印象を受けましたが、体調が戻った今期はいい競馬をしていると思うんです。前走にしても一旦は先頭に立つ形で、上位2頭とは斤量の差もありました。ダートを使ったり、色んな条件を試されてきましたが、マイルが一番合っているのではないかと」

西田「前走は瞬発力勝負になってしまいましたし、外が伸びる馬場で上位2頭より内にいましたからね。それでコンマ2秒差3着は評価できます。昨年は7着に終わりましたが、当時と比べて全体の筋肉がパワーアップしていますし、朝日杯、皐月賞とGI2勝の実績からも軽くは扱えませんよね」

田崎「これまた“終わったGI馬”と見られる向きもあるカレンブラックヒルですが、この馬もここ2走は他馬より重い斤量を背負っての結果ですから、悲観するほどの負けではないと思います。2年前には、安田記念からのぶっつけで大敗していますが、僕は本質的に京都のマイルがベストだと見ているんですよ。穴にオススメしたいですね」

小桧山「半年ちょっと前にGIを勝ったレッツゴードンキだって、“終わった”なんて言えるわけないよな。デビューからずっと話を聞かせてもらっている寺田助手から“制御の利いた良い追い切りができ、いい仕上げです。あとはレースで平常心で臨めれば。戸崎さんに期待します”とのメールが届いて、これを戸崎騎手に見せたら“悪いイメージは全然ないですし、条件さえ合えば面白いと思いますよ。乗るのは新馬戦以来になりますが、良い巡り合わせと思って頑張ります”と笑顔で答えてくれたんだ。◎は打てなかったけど、もちろん買うぞ」

久光トーセンスターダムは、同馬主というだけでなく、戦績的にも一昨年に初のマイル戦で戴冠したトーセンラーとイメージがダブりますよね。毎日王冠でのイスラボニータとの差を考えても、チャンスは十分あると思います」

那谷「先週のエリザベス女王杯を、ディープインパクト産駒のマリアライトが制したように、秋の京都開催はやっぱり“ディープ産駒の庭”だよな。この馬自身も京都コースは5戦4勝なんだし、母系はそもそも短距離血統なんだから、初のマイル戦でもいい方に出るかもしれないよな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ダービー特集

2019年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル