ジャパンカップの調教BEST5を大発表 1位はラブリーデイ? ミッキークイーン?

【調教BEST5】
ジャパンカップ出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。ラブリーデイ&ミッキークイーンは勿論、気になるゴールドシップは果たして何位なのか…。全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは調教第5位からカウントダウンスタート!

調教BEST5
ジャパンカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第5位 ラブリーデイ

1)ラブリーデイ
日本 牡5 (栗)池江泰寿
[好気配]川田26日栗CW不
54.4 – 40.5 – 12.8(7)馬也先着
(3才1600万アッシュゴールドG前強目の内1/2馬身先着)
○…軽快な動きで調子はすこぶる良い
気配…8 動き…8

秋3戦目ということで、中間に強い負荷を掛けないのは中2週で臨んだ前走と同様。すっかり好走パターンとして定着したCWコースでの4F追いだったが、馬体のハリや動きの力強さは一際目立っていた。併せた相手も馬場状態も前走の追い切り時とは違うが、状態は高いレベルで安定している。

池江寿師「東京コースはスタミナもパワーも必要だけど、去年とは充実度で雲泥の差がある。不安よりもこなしてくれるという期待のほうが大きいよ。折り合いひとつでチャンス十分だろう」

パドックここをCHECK→パドックでは無駄な動きをしないタイプ。極端な馬体減にだけ注意。

ラブリーデイ

前走後もいい状態をキープしているラブリーデイ(奥、撮影:日刊ゲンダイ)

第4位 ミッキークイーン

11)ミッキークイーン
日本 牝3 (栗)池江泰寿
[好気配]助手26日栗CW不
53.5 – 39.3 – 12.2 (7)G前追う
○…勝った後も至って順調。好状態を保つ
気配…8 動き…8

秋華賞後は短期放牧へ。同厩のラブリーデイと同じく最終追いはCWコースでの4F追いだが、こちらは牝馬の分、単走での追い切り。首を巧く使ったリズミカルな走りは前走時と同様で、瞬発力を感じさせるバネの利いた走りは流石と言ったところ。好調キープは間違いない。

池江寿師「短期放牧に出していたけど、背腰の疲れはすっかり取れた。1週前の動きが抜群で更にキレ味が増した感じ。10キロほど馬体は減りそうだけど、力は出せるし一発があっていいよ」

パドックここをCHECK→馬体減は仕方ない。イレ込むことなく、リズム良く歩けているかどうか。

ミッキークイーン

単走の追い切りで順調さをアピールしたミッキークイーン(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル