優馬編集長日誌 2月18日号「フェブラリーS」

優馬編集長日誌
京都記念フェブラリーS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すいませんでした

 柄にもなく人気馬を軸にしたことが悪かったのか。先週の京都記念は軸馬として勝負したレーヴミストラルが惨敗してしまった。馬場が悪かったなどの理由はあるにせよ、12着の着順にはガッカリ。ハッピーバレンタインになるはずだったのだが…。

 とはいえ、結果は4歳馬のワンツー。”まだ主役が現れていない古馬の中長距離路線は新勢力、そこで4歳” という考え方は、あさっての方向ではなかったと納得しておくことにしよう。”ベガはベガでもホクトベガ” などというレースが過去にあったが “4歳は4歳でも” 勝ったのはサトノクラウンだった。安易にレーヴミストラルにとびついてしまったことを反省。

懲りずに4歳?

 今週の競馬に目を向けよう。日曜は東京でGI・フェブラリーS。このレースも今のところ 新勢力で攻めたい気持ちでいる。ダート路線でも今年の4歳世代はソコソコ期待が持てると 以前にデータで示したことがあったと思うが、フェブラリーS自体も新旧交代の確率が高いレース。東京ダートの1600mという舞台が その可能性を高めているのだと思う。というのも、東京ダート1600mは直線が長いためスタミナが必要であるが、距離が1600mということでスピードも要求される舞台。スピードでは一般的に高齢馬よりも イキのよい若い馬。そういう意味で暮れに行われる1800mのダートGI・チャンピオンズCより、新旧交代の確率は高くなると考えられるからだ。過去10年のフェブラリーSを振り返ってみても 勝ち馬の年齢は4~6歳。7歳以上の馬の勝利はなく、世代交代の雰囲気が感じられる。すでに昨年のチャンピオンズCで新旧交代の雰囲気が感じられるところもあったが、ここで若い4歳馬が引導を渡すことになるのか。その辺りも含めて今年のフェブラリーSは興味深い。

 京都記念のレーヴミストラルで失敗してしまったので、フェブラリーSは “4歳でノンコノユメモーニン” などと早めの決断は避けよう。結局、この2頭のどちらかになる可能性もあるが “4歳は4歳でも” の仕打ちが怖い。出走予定馬にはスーサンジョイホワイトフーガなど、他の4歳馬もいるではないか。この他にも4歳馬ではゴールデンバローズサージェントバッジの登録があるが、この2頭は今のところ除外で出走が叶わない状況。ちなみにゴールデンバローズ以外の4歳馬には前5走以内に高UK値の記録がある。

上田一幸

筆者:


1967年、滋賀県生まれ。大学卒業と同時に入社し、一貫して編集畑を歩む。予想も馬券も徹底した穴狙い。この仕事に携わる以上、馬券購入は義務であると考え、入社以来、馬券を休んだ日はない。現『優馬』編集長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出馬表(枠順)、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出馬表には、単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル