究極仕上げのアイツが追い切り第1位 日本ダービー『調教BEST5』

調教BEST5
日本ダービー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第3位 リオンディーズ

12)リオンディーズ
牡3 (栗)角居勝彦
[好気配]Mデムー25日栗CW良
(6)85.0 – 68.9 – 53.1 – 38.4 – 11.4 (7)直強先着
○…動きに鋭さが出て前走を上回るデキ
気配…8 動き…8

皐月賞時と同様に3頭併せの内を追走する形での追い切り。軽く促されただけだが、アッサリと先着し、動きの力強さ、素軽さは前走時よりも格段に良化した。坂路でも軽々と好時計をマークしており、能力の高さは流石の一言。課題である折り合いも調教からは問題なさそうに映る。

高田助手「普段からCWに入れたり、リラックスさせることを意識した調整を取り入れた。兄のエピファネイアよりコントロールが利きそうだし、リズム良く運べれば巻き返せるはずだよ」

パドックここをCHECK→パドックでは大人しい方だが、関東への長距離輸送は今季3回目。大幅な馬体減とイレ込みには特に注意したい。

リオンディーズ

リオンディーズとM.デムーロは息ピッタリの最終追い切りを披露(撮影:日刊ゲンダイ)

第2位 マカヒキ

3)マカヒキ
牡3 (栗)友道康夫
[好調子]助手25日栗坂良(1回)
52.9 – 38.5 – 24.7 – 12.1 強目
◎…軽快な動きで調子はすこぶる良い
気配…8 動き…9

中間にコースでビッシリと追い切って、最終追いは坂路、という前回同様のパターン。とにかく終い鋭い動きが目に付いた。それほど重い負荷を掛けてきているわけではないが、本数は十分にこなし、まだ上積みもある。終いの破壊力には今回も要注意。

友道師「皐月賞は負けましたが展開のアヤもありましたし、内容は悪くなかったと思います。レース後の回復が早く、納得のいく調教も積めましたし、東京コースで力を出し切ってくれれば」

パドックここをCHECK→気性面に不安要素が少なく、パドックではいつも落ち着いている。軽い脚捌きで首を使ってリズム良く周回できていればOK。

マカヒキ

坂路を軽快に駆け上がり万全の仕上がりをアピールしたマカヒキ(撮影:日刊ゲンダイ)

第1位 サトノダイヤモンド

8)サトノダイヤモンド
牡3 (栗)池江泰寿
[鋭く伸る]助手25日栗CW良
(8)81.8 – 65.9 – 51.6 – 37.5 – 11.5 (7)直強先着
◎…反応鋭く1Fシャープな伸び
気配…8 動き…9

雄大なフットワークでスピードの絶対値の高さを再認識。特に最終追い切りが抜群の走りで、併せたプロフェットはともかく、調教で動くタイプのサトノノブレス(古馬OP)が相手で尚更評価は高い。明らかに東京コースでこそ真価を発揮するタイプで、やや物足りなかった反応の鋭さも良化。中間の追い切りの内容を考えると、皐月賞時の仕上がりはまだヌルかったと言わざるを得ない。本番が実に楽しみである。

池江寿師「思った以上のハイペースになったし、手足が長くて加速に時間がかかるので直線の不利も痛かった。センスのいい馬なので距離やコースの心配はないし、リベンジを果たしたい」

パドックここをCHECK→久々の皐月賞はやや重苦しさと緩さがあって気合乗りも一息。馬体が絞れてキビキビと周回できていれば好勝負になる。

サトノダイヤモンド

最終追い切りで圧巻の動きを見せたサトノダイヤモンド(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル