絶好調ユタカと砂無敗アウォーディーに死角は? チャンピオンズCを激論

中京へ舞台を移して3回目となるチャンピオンズカップ。文字通りダートの“チャンピオン”が勢揃いした感を受けるが、中でも注目はダートに転じて6戦無敗、向かうところ敵なしのアウォーディーだ。先週のジャパンCを鮮やかに逃げ切った武豊騎手が、2週連続でGI制覇を果たすのか。それとも、阻む馬が現れるのか。おなじみ優馬TM陣が激論を戦わせる。

優馬TM座談会
チャンピオンズカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダートで無傷のアウォーディーに 死角はあるのか?

デスク「芝からダートに転じてブレイク、という例はそうめずらしいモンではないけど、アウォーディーほどの変わりっぷりを見せた馬は、ちょっと記憶にないよな」

落合「ダートで6戦6勝の実績はもちろんのこと、その全てで上がりも最速の時計という点が凄いよ。この秋2戦で、今回の有力馬の大半を負かしているわけだし、鞍上にも“今、最も乗れている武豊”なら、逆らう手はないだろうな」

武井「この馬の凄いところは、レースの格が上がって相手も強くなるにつれてパフォーマンスを上げて行っている点です。どんな競馬もできるタイプですし、ここは素直に相手探しです」

田崎「交流重賞では2着をちぎって勝つケースも多いですが、この馬は明らかに相手に恵まれた名古屋大賞典を除けば、それほど離して勝ってはいないんですよね。接戦でもキッチリと勝ち続けてきたあたりが底力の証明だと思いますし、死角らしい死角は見当たらないですね」

加茂「僅差で勝つのは勝負根性も凄いちゅうことや。ジョッキーもしっかりと手の内に入れているから、大きく離す必要もないんやろな」

山崎「前走のJBCクラシックなんかも、ホッコータルマエを捉えてからはゴール前で手綱を緩める余裕がありましたからね。常に着差以上の強さを見せていると思います」

小野智「ダートで負けていないんですから、土が付くまで狙ってみる。そう思いたくなる馬ですよね」

デスク「本紙中田も、そういうことでいいのかな?」

中田「はい、皆様方のおっしゃるとおり、本紙担当者としては逆らえないパターンの馬ですね」

佐藤直「ただ、俺が逆らっているわけではないんだけど、ひとつ気になるのが、JBCクラシックを勝って連勝したのは、07年のヴァーミリアンだけだということ。砂質やレースの流れも違うから、2つのレースに求められる適性はかなり異なると思うんだ。激走からの中3週で回復にも手間取って…。アウォーディーに死角があるとすれば、そういうパターンなんじゃないかな」

板子「僕が気になるのは距離ですね。今回と同じ1800m戦だったアンタレスSや日本テレビ盃で見せたパフォーマンスが、けっして目立ったものではなく、本質的にはもっと距離があった方がいい馬なんじゃないかと思うんです。その見立てが正しければ、ここは足元を掬われても不思議のないメンバーですよ」

木谷「こういう馬にケチをつけたくなるのが僕の性分なんですが、気になるのはソラを使うような所というか、併せた相手を突き放そうとしないような所があるように見えるんですよね。ラニの兄貴ですから何かしらクセがあって当然なんでしょうけど、僕は切れる馬にアッサリ負けちゃうかもと思ってます」

福田「みんな色々言うてはりますが、松永幹師いわく“アウォーディーは前の馬を交わしたら走るのをやめてしまう”馬。武豊騎手はそういう癖を熟知しとるから、ちぎって勝たずに後続の追撃を封じるレースぶりが徹底されてるんですわ。状態に関しても、併走馬を先行させて追走する実戦を想定した追い切りを2週続け、予定通りのメニューを消化できているんやったら、何も心配あらへんで」

アウォーディー

最終追い切りでも好調ぶりをアピールしたアウォーディー(奥)(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル