ノーステッキで他馬を切り捨てたロードクエストは重賞級の器

【優馬2歳馬チェック】
先週から始まった新馬戦。東西で土日に1鞍ずつ、計4鞍の新馬戦が行われ、来年のダービーに向けた戦いが幕を開けた。1番人気が全て敗れるという波乱ではあったが、日曜の東京で勝ち上がったロードクエストのレースぶりは中々のモノで、この先も期待できそうだ。

優馬2歳馬&3歳馬チェック
共同通信杯ファンタジーS東京スポーツ杯2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出遅れ不問 非凡な瞬発力アリ ロードクエスト

6/7(日) 東京5R 2歳新馬 芝1600m
ロードクエスト 牡 馬体重:444kg
★★★★★★★ 7点〔GIIIクラス〕
騎手:M.デムーロ 厩舎:(美) 小島茂
生産: 様似堀牧場
父マツリダゴッホ
母マツリダワルツ(チーフベアハート)

出遅れて後方から。抑え切れない手応えで道中もジリジリと差を詰めていき、大外を進出。直線に向いても追い出しを待つ余裕を見せ、ゴーサインが出されるとノーステッキで他馬を切り捨てた。勝ち時計1分35秒7はこの時期の新馬では一歩抜けたもので、自身の上がり3F33秒2も相当に優秀。

ノーステッキで他馬を圧倒したロードクエスト(撮影:日刊ゲンダイ)

ノーステッキで他馬を圧倒したロードクエスト(撮影:日刊ゲンダイ)

関係者の声

小島茂師 「距離はもっとあった方がいいと思うけど、1600mにも対応可能。いいモノを持っている」

馬体診断

パドックでは力強い踏み込みに加えて、スナップの利いた脚捌きが目立った。いかにも瞬発力のありそうなタイプ。440キロほどの馬体だが、数字以上に大きく見せ、馬体に幅もある。距離は延びても問題なく、当然ながらまだまだ成長の余地も残している。
馬券の狙い目→1600~2000mのOP・GIII、東スポ杯2歳Sなど

血統診断

兄弟や近親に目立った活躍馬はいないものの、4代母のクレアーブリッジからはサクラクレアーが出ている。サクラクレアーは天皇賞(秋)を制したサクラチトセオー、サクラキャンドル(エリザベス女王杯)、サクラメガ(サクラメガワンダーの母)の母。母父がダンジグ系という血統構成はアルマワイオリ(朝日杯FS2着)と同じ。早熟性と持続性を兼ね揃えている可能性もあり。
馬券の狙い目→共同通信杯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル