有力候補がまた一頭 ダービーでも楽しみなスワーヴリチャード

佐藤直文 レース回顧
共同通信杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有力候補がまた一頭 ダービーでも楽しみなスワーヴリチャード

 一週前の東京新聞杯と同様に、ハナを主張しそうな馬が不在というメンバー構成で、何が行ってもスローペースはミエミエであったが、途中から持って行かれ気味にタイセイスターリーがハナを切って馬群がバラける展開となったのは、他馬にとってはラッキーだったか。スローには変わりないとはいえ、各馬が力を出し切れる流れだったように思える。

 勝ったスワーヴリチャードにとっても、流れは理想的だったろう。ある程度、前を見据えたポジションで折り合って運び、馬群から何の苦労もなく抜け出すことができた。特に、直線で坂を上がって鞍上もGOサインを出した残り1ハロンからグンと伸びた脚は、近年はこのレースと結び付きが強い皐月賞はもちろんのこと、ダービーにも期待を抱かせるものであった。このあとは皐月賞へ直行とのことだが、その先のダービーを見据えても理想的なローテーションとなりそうで、間違いなく“候補”の一頭となるであろう。

スワーヴリチャード

スワーヴリチャードで好内容で重賞初制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着エトルディーニュは、道中2番手で流れに乗って最後まで渋太く脚を伸ばしたもの。なかなか勝ち切れないタイプではあるが、どんな相手でも常に力を出し切れる強味があり、今日は鞍上も持ち味を引き出す最高の騎乗だったように思う。

 3着ムーヴザワールドは、直線で一旦は抜け出しかけるシーンがあったもの、内にいた勝ち馬との手応えの差は歴然としていた。素質は確かでも、まだ良くはなり切っていない印象も受け、もうワンランクの成長を期待したいところだ。

 4着タイセイスターリーは、ハナへ行ってからはスムーズに折り合えていたし、こういった競馬もできるタイプだろう。ただ、最後にもうひと踏ん張りが利かなかったあたりが距離か。兄ミッキーアイルほどの短距離志向ではないにしろ、ベストはマイルの馬かもしれない。

 5着ディアシューターは、マイペースを守ってロスなく好位のインで運べたことによる善戦。外を回っては届かない馬場状態も味方したように思える。

 エアウィンザーは、前半こそ先団直後で流れに乗れていたが、勝負どころから手応えが悪くなった。直線ではそれなりに伸びは見せたが、気性面でもう少し成長が必要かと思えた。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル