王者キタサンの不安材料は武豊? 清水久師は全幅の信頼をアピール

いよいよ今週はジャパンカップ。レース連覇と秋天に続くGI連勝を懸けるキタサンブラックの牙城を崩すべく、豪華メンバーが集った。世代交代を狙う3歳勢もダービー馬とオークス馬が顔を揃えてのキタサン包囲網。そして、外国馬に今年こそチャンスはあるのか。優馬TM陣の答えは如何に。

優馬TM座談会
ジャパンカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レース連覇と秋二冠奪取へ 王者キタサンブラックに死角はあるか?

デスク「引退までのカウントダウンがここを含めてあと2戦となるキタサンブラックだけど、正直、一番ハードルが高いかと思われた前走をクリアしたわけだし、とりあえず、昨年快勝したこのレースは負けられないところだろうな」

武井「昨年のこのレースに関しては展開に恵まれたところもあったかと思えるキタサンブラックですが、今年に入ってからもGIを3勝。特に天皇賞の春秋連覇は、高速馬場でのレコード勝ちと、極悪馬場で出遅れながらも道中で動いて勝ち切るという全く異なる状況下での勝利ですからね。更なるスケールアップを感じさせる内容からも、連覇濃厚と見ていいでしょう」

中邑「実際にキタサンブラックが負けるとすれば、前走のような出遅れる形で、と僕も思っていたんですが、5歳秋にして新たな一面を見せたわけですから、もう死角はないと言えますよ」

守屋「この秋のGIを3つとも勝てるかどうかはさて置いて、叩き2戦目は過去4戦4勝と、叩き3戦目の3・3・2・9着と比べてもまったく成績が違う馬なんです。まだ2戦目までは蓄積されたダメージも少なく、全力で走り切れるんだと判断していいでしょうね」

山崎「タフな馬場だった前走の疲れを心配する向きもあるかと思いますが、一週前にしっかりと負荷をかけられた上で、今週の追い切りもリラックスして歩様に伸びやかさが見られるのなら問題はないでしょう。隣のギニョールが行く構えを見せたとしても番手でスムーズな競馬ができるはずですし、僕も死角はないと思います」

須藤「馬場状態のみならず展開も不問の王者ですからね。状態が本物ではなかった宝塚記念のようなことはまず考えられないですし、負けるとしても未対戦のレイデオロぐらいのもの。連軸としては不動でしょう」

小島「ただ、僕が気になるのは馬ではなく鞍上の方ですよ。2週前の調教でのアクシデントで怪我をした武豊騎手が万全の状態に戻っているのか。ちょっと不安ですね」

小野智「そこはプロ中のプロですから、乗るからには大丈夫だと見るべきですよ。今週の武豊騎手は、土曜が京都で4鞍、そして当日はこのレースを含めて2鞍と、乗り鞍もセーブしてますし、キタサンブラックに懸ける意気込みの高さと見ていいんじゃないでしょうかね」

デスク「あと、ひとつ気になる点を挙げれば、仮に再び前走のように出遅れてしまったら、良馬場の今回はあんなに綺麗に内が開くわけもないし…」

「前走の出遅れついて、清水久師は“いつもより気持ちが入りすぎたんですかね。元々、ゲート内での駐立はソワソワしていましたから、たまたま今までうまくいっていただけで、前走の様なことになっても、あぁそうか、というところはありました。だから、意外に冷静にそのあとは見れました。そう、騎手を信じていますからね”と振り返っていました。やるだけのことをやって、あとは鞍上に任せるという信頼関係には“また何かあっても神騎乗で”という思いを感じますし、“ラストの有馬へ勝って進めることができれば”という師の願い通りの結果となるはずですよ」

キタサンブラック

前走の疲れを感じさせない動きを見せたキタサンブラック(手前)(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「そんなキタサンに前走の天皇賞ではクビ差まで迫ったサトノクラウンも、人気ほどの差はないと思うんだけど」

大江原「そもそも2000mは距離不足の馬だから、間違いなく“負けて強し”の内容だったよ。今回は2ハロン延びてほぼベストの舞台だし、当然、逆転の目があると思うぞ」

西田サトノクラウンは、この距離での過去2戦が、ダービー3着と香港ヴァーズ勝ちですからね。道悪巧者であることは確かですが、良馬場になってもこの舞台ならキタサンと互角の戦いができるはずです。あとは、鞍上の勢いも見逃せませんね」

持木サトノクラウンの大阪杯は、大幅な馬体減だったものですし、それ以外は丸一年安定した走りを見せてますからね。良馬場でも、雨が続いた開催の最終週ならこの馬向きのタフな馬場になるはずですし、条件は揃ったと言えますよ」

デスク「こちらの死角は、高速決着とか瞬発力勝負になった時なのか?」

小島「前走については陣営サイドも“距離不足を馬場で相殺できた”という見立てで、得意の道悪だったからこそ、あそこまでキタサンに迫れたんでしょうが、たまたま道悪での好走が多いだけで、陣営は“瞬発力勝負になっても大丈夫。そういう競馬だったダービーでも3着に来ているんだから”と、不安な様子はなかったですよ。前走で目一杯走ったので、この中間は慎重なケアをしましたが、調整もうまく行ってデキはキープできています。ちょっと鞍上決定まで色々とありましたが、一番頼もしいジョッキーを確保できましたし、動きたい時に動ける自在性からも、上位争いは必至だと思いますね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル