武豊キタサン有終の舞台に、厩舎担当の本音は… TM馬券対決も注目

いよいよグランプリ、有馬記念。ここがラストランとなるキタサンブラックが、JCで連覇を阻んだシュヴァルグラン、春のグランプリ宝塚記念を制したサトノクラウン、そして3歳勢の代表格スワーヴリチャードらの包囲網を前に、有終の美を飾るのか。それとも、有馬の波乱の歴史に新たな一ページが加わるのか。この一年の様々な思いをぶつけて挑む優馬TM陣。ハッピークリスマスを迎えるのは、果たして誰か?

優馬TM座談会
有馬記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスイブのラストランも キタサンまつりで締めくくる?

デスク「あくまで願望だけど、キタサンブラックは、もしここで負けたら、レース後に予定されているお別れセレモニーの場で、サブちゃんが“悔しいから引退させるのやめました。来年も走らせます!”っていうサプライズもあっていいんじゃないかと思うんだ。まぁ、勝っちゃったら、ご苦労さんだけど…」

武井「前走のジャパンCは、これまで負けたことがなかった“叩き2戦目”で初めての敗戦だったわけですが、道悪での激走となった天皇賞から、中間は速い時計が2本だけ。これまで“叩き3戦目”まで余力を残せなかったことをふまえて、最大目標であるここを見据えての仕上げだったことの影響と見ていいでしょう。実際に、この中間は意欲的な調教も消化できていますし、本来の強いキタサンブラックが蘇るはずです」

小野智「実際に、他の天皇賞組がジャパンCのみならず他のレースでも奮わないことを考えても、キタサンブラックの強さがわかりますよね。ここに照準を合わせた悔いのない仕上げなら、負けるわけに行きませんよ」

山崎「ジャパンCは、そういう状態面で完璧ではなかったとはいえ、4着以下には4馬身も差を付けてましたからね。自ら速いラップを刻んだという点でも負けて強しだったと思います。1枠2番の絶好枠を引けたことも、“持っている”証拠でしょうし、有終の美を飾れるはずですよ」

加茂「前走は、加えて落鉄もあったんやから、あれは仕方ない結果。GI7勝の金字塔を打ち立てて歴代の名馬に肩を並べるはずや」

守屋「今回は、昨年敗れたサトノダイヤモンドが不在の上に、3歳馬にしても、JCで先着を許したレイデオロや菊花賞馬キセキもいませんからね。そして本来は核とならなければならない4歳馬が2頭というメンバーは、キタサンブラックにとっては戦いやすい相手だと思いますよ」

清野「もちろん、実際に前走で負かしたシュヴァルグランや、未対決の3歳馬スワーヴリチャードも強敵だとは思いますが、コーナー6回の中山2500mで内枠を引けたとあっては、キタサンブラックが断然優位と見るべきでしょう」

板子「ただ、キタサンブラックは前走時よりも調教が強化されているとはいえ、ならばベストの状態かと問われれば、そこまでのデキには届いていない気もするんですよね」

デスク「春は“二兎を追う者は三兎を得ず”の結果だったわけで、みんなの見解を総合すると、状態面では有馬を勝つためにJCを捨てたような形にも見えるけど、そうそう思い通りに運ばないものではあるよな。厩舎担当として、TMの中でも一番思い入れが強い菅に、そのあたりを含めて語ってもらおうか」

「宝塚での座談会で、僕はキタサンについて初めて期待ではなく応援に回るという表現をしましたが、それだけ息遣いがこの馬のモノではなかったからで、大阪杯を休み明けで快勝し、春天をレコードで勝った疲れを取り除くには難しい回復の時間だったように思います。前走の敗因についても、皆さんが言われた通りですが、清水久師は“負けは負け。全て僕が悪いんです”と、言い訳はしていないように、有馬まで戦い抜ける調整を練りに練ってきたもの。今回は、1週前にビッシリとやってほぼ態勢を整え、今週は併せて感触を確かめましたが、その追い切り翌日には“もう少し味付けが欲しい”と坂路へ。そして金曜には“念には念を入れよ”とゲートにも向かわせています。“宝塚もJCも負けたら相手が強かったと認めるだけです。ならもっと強くなればいい。ファン投票1位に推していただき、今度こそ1着にならないと。その気持ちだけです。いい形で締めくくりたいですね”と。納得の仕上げで最後のレースを迎えることができたと思いますね」

キタサンブラック

引退レースで7つ目のGIタイトルを狙うキタサンブラック(青帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

須藤「そんなキタサンにこれまで全く歯が立たなかったシュヴァルグランですが、ジャパンCではマークして捩じ伏せるというフロックとは言えない強さでの完勝です。キタサンが2年間に渡り激戦続きだったのに対し、こちらはいつも相手なりの競馬で消耗しておらず、まだ伸びしろがあった様子。もう格下ではなく力は互角と見ますよ」

久光「僕もJCに引き続いて◎はシュヴァルグランです。それまで5連敗中だったキタサンに、直近で2連勝。宝塚記念の先着こそ、互いに奮わぬ結果だけに声高には威張れませんが、前走は残り100mから1馬身半突き放す快勝で、かつてあった実力差は確実に埋まっています。父、母系ともに成長力には目を見張るものがある血統で、近況もそれを証明していると言えますし、力でキタサンを負かせる唯一の存在でしょう」

佐藤直シュヴァルグランのジャパンカップは、全てがうまく行ったと思われがちだけど、それだけではキタサンに1馬身半差は付けられないよな。これは本格化と見るべきだし、GIでの連勝で引導を渡すことになるはずだよ」

広田シュヴァルグランはキタサンよりも長くいい状態を保てるタイプですし、秋3走目となる今回は間違いなくピークに近いと見ていいですよ。昨年は14番の外枠で不完全燃焼に終わりましたが、今年の10番枠なら他馬の動向も注視しながら競馬もできそうですし、何よりボウマン騎手の手綱捌きもマッチしているように思えますね」

板子「ただ、鞍上と手が合うのは確かでしょうが、そもそも中山2500mの適性がどうかという不安が残りますよね。JCのような立ち回りができるかどうか…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル