本紙担当と名物TMの印が真逆!? トークバトル勃発のシルクロードS

優馬TM座談会
シルクロードS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大混戦を斬るのは… 本紙中邑は初距離のアノ馬に◎

デスク「ここは、TMの印を見てもそうだが、ハンデ戦らしく人気も割れそうだな。◎が付いている馬にも、“抜け”のTMがそれぞれいるし…」

桜井「僕はそんなに難しく考える必要はないと思っていて、スピード上位でコース相性も上々のダイアナへイローが、休み明けでも中心になるのではないでしょうか」

加茂「ブービー負けの前走はGIで相手が強かったこと以上に、それまでの連戦の疲れが出たんやと思いますわ。気性的にポン駆けは利くし、先行有利、イン有利の今の京都の馬場も脚質的にピッタリやろ。55キロのハンデでも、GIIIなら巻き返せるんとちゃいますか」

広田「前走については、加茂さんの見立て通り春後半から使い詰めの影響もあったかと思いますが、勝ち馬からコンマ7秒差なら着順ほど大きく負けたわけでもないですし、初体験だった中山の急坂が応えた印象も受けました。リフレッシュ放牧明けとなりますが、早くからここを目標に入念に乗り込まれてきましたし、直線が平坦の京都は実績が示す通りの巧者ぶりですからね。僕も巻き返し必至だと思いますよ」

ダイアナヘイロー

放牧明けだが入念に乗り込んできたダイアナヘイロー(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「ただ、本紙中邑はそんなダイアナへイローを○にとどめて、カラクレナイに◎。1200mは初めてだけど、大丈夫なのか?」

中邑カラクレナイは、3歳春のフィリーズレビューで、後の桜花賞馬レーヌミノルや、函館スプリントSをレコード勝ちしたジューヌエコールを負かしていますし、桜花賞でもコンマ2秒差4着なら、ここでも足りる力があることは確かです。その後は、折り合いの難しさゆえに流れに乗れないレースが続きましたが、前走の金杯は見せ場十分の内容でしたからね。気負った走りで距離は短ければ短いほどいいと思うので、この距離での一変に期待します」

細川「その前走で、陣営も池添騎手も“1200mが向く”という共通の認識を持ったそうで、すぐにココに目標を切り替えたようです。これまで課題としてきた折り合い面を気にすることなく、スピードを十分に生かせるはずですよ」

デスク「田崎はそのカラクレナイを“抜け”とした上で、逆に中邑が目を取らなかったナックビーナスに◎ときたか」

田崎「別に喧嘩を売ってるわけではないですが、とにかくナックビーナスには抜群のセンスを感じますし、追って少し甘いところもある馬ですが、京都なら粘り込めるはずですよ」

吉田「実際に、3歳春のオープン戦とはいえ、ナックビーナスには京都1200mでの勝ち鞍もありまっせ。前走は逃げ切り勝ちでしたが、昨年の同じレースでは馬群をこじ開けて勝つ勝負根性も見せたように、どんなレースもできるタイプ。極端なハイペースになると厳しいかとは思いますが、例年のこのレースの傾向だと先行勢が総崩れになることもないですから、まず馬券圏内には残れるのではないかと思うてます」

小野智ナックビーナスの前走は、杉浦師が“チークを着けて万全だと思っていたが、最後は結構詰め寄られていたように、やはり最後にフワッとするのが課題。勝ったとはいえ難しさも痛感した”と振り返ってました。ニシケンモノノフ陣営に“芝を使ってみれば?”と進言して騎乗する横山典騎手が乗れないのは痛いとは思いますが、相手なりに走るのがセールスポイントの馬ですし、効果のなかったチークも外して、師は“重賞でも”との期待をかけてましたよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2018年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル