理想はキャリア3~4戦 それでもグレイルを買いたいデータとは…

重賞データ攻略
共同通信杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年2着のドゥラメンテが皐月賞・ダービーの二冠を達成、近4年の勝ち馬はすべて皐月賞・ダービーのいずれかで連対と、春のクラシック戦線を占う重要な一戦。今年のスター候補はどれだ?

キャリアは3~4戦が理想だが…

 京都2歳Sでタイムフライヤー(ホープフルS勝ち馬)を下したグレイルが人気の中心になりそう。ダービーと同じ東京コースで行われる重賞、というのも大きな意味を持つが、キャリアの少ない馬にとっては賞金加算で一気にクラシック戦線へジャンプアップするチャンスでもある。

前走クラス別成績(過去10年)
新馬〔1.0.0.4〕
未勝利〔1.0.0.13〕
500万〔1.2.3.30〕
OP特別〔3.3.2.10〕
GIII〔3.3.5.23〕
GII〔0.0.0.4〕
GI〔1.2.0.4〕

キャリア戦数別成績(過去10年)
1戦〔1.0.0.5〕
2戦〔0.2.4.18〕
3戦〔4.4.1.25〕
4戦〔4.1.2.21〕
5戦〔0.2.1.9〕
6~9戦〔1.1.2.17〕

 2016年1着のディーマジェスティは前走のホープフルSを出走取消のため、前々走の未勝利戦1着を前走としてカウントした。新馬・未勝利勝ち直後で好走するのは至難の業とも言え、2015年1着のリアルスティールは皐月賞で2着、ディーマジェスティは皐月賞で1着。キャリアの浅い馬がこのレースで好走すればクラシックでの好走も期待できるが、基本的にはキャリアは3~4戦が理想。

勝ち馬候補はこの2頭!

 近4年の勝ち馬がすべて、春のクラシックでも好走しているだけに、まずは勝ち馬についてしっかりと探っていきたい。

共同通信杯勝ち馬のポイント(過去10年)

  • 4着以下なし(10頭中8頭)
  • 1番人気で1着経験あり(10頭中8頭)
  • 1800m以上で連対(10頭中9頭)
  • OP以上で3着以内(10頭中7頭)

 実績面ではOP以上のレースで3着以内が目安になるが、例外の3頭は前走の新馬・未勝利・500万でそれぞれ1着だった馬達。上3つのポイントを満たしているなら、実績面は度外視できる。

 これらのポイントをすべてクリアしたのはグレイルサトノソルタスグレイルは新馬戦を1番人気1着、次戦の京都2歳Sも連勝。他馬よりも1キロ重い57キロを背負うが、57キロ&1~2番人気以内の馬は〔2.1.0.3〕と半数が連対。まだキャリア2戦だが、◎は素直にこの馬から。○サトノソルタスは新馬勝ち直後ではあるが、その他の条件はクリアしており、ここでも侮れない。

グレイル

ここを勝てば「GI当確」のグレイル(撮影:日刊ゲンダイ)

相手候補は前走好走馬から

 2勝馬が1頭もいなかった先週のきさらぎ賞と比べると、出走馬の実績レベルは上がったが、相手選びに苦労しそうなメンバー構成であることに変わりはない。ただし、好走のポイントはシンプルに「前走の着順」である。

前走着順別成績(過去10年)
前走1着〔5.3.2.35〕
前走2着〔3.3.1.10〕
前走3着〔2.2.4.3〕
前走4~5着〔0.1.1.14〕
前走6~9着〔0.1.1.23〕
前走10着以下〔0.0.1.10〕

 前走3着以内の馬が全体で〔10.8.7.48〕、このうち好走例の少ない前走・新馬組、前走・未勝利組を除くと〔8.8.7.31〕で複勝率は42.6%。この点から言うと、前走のホープフルSで3着に好走したステイフーリッシュ、500万を勝って臨むオウケンムーンゴーフォザサミットが相手候補。

結論

◎グレイル
○サトノソルタス
△ステイフーリッシュ
△オウケンムーン
△ゴーフォザサミット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル