3歳勢に優馬TM陣も熱視線 難解な北九州記念を激論!

優馬TM座談会
北九州記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目は3歳勢 スタート決まるかアサクサゲンキ

デスク「ここはサマースプリント争いの行方も気になるところだが、ハンデ戦らしく人気も大きく割れる一戦となりそうだな」

田崎「現在のスプリント路線は、レースの度に上位が目まぐるしく変わる状態が続いてますからね。そんな中で魅力を感じるのが、ここ2走とも出遅れながらメンバー最速の上がりで上位に肉薄しているアサクサゲンキです。小倉2歳S勝ちの相性のいい舞台で、スタートさえ決まれば、突き抜けるシーンも十分と見ていますよ」

桜井「ここ2走は発馬で後手を踏んでいなければ…という内容でしたからね。速い持ち時計もあるので、今の馬場にも不安はないですし、とにかくスタート次第でどうにかなると思いますよ」

須藤「昨年の2歳Sは本当に強かったですし、それも含めて小倉は3戦3連対ですからね。あくまで“出遅れなければ”の馬ですが」

吉田「ここ2走で先着を許した馬がズラリと揃うことも確かですが、それでもこれだけ◎が並ぶこと自体、力負けだと誰も思っていないことの証明や思います。昨年の2歳Sも、出遅れなかったとはいえ、外枠の不利を全く感じさせない完勝だったあたり、もしかすると小倉キラーと言えるほどの適性があるかもしれんですわ。ちょっとくらい出遅れても、届くんとちゃいますか」

デスク「ただ、出遅れてもいいわけではないだろうし、そのあたりを陣営はどう見ているんだ?」

瀬古「担当の橋本真助手は“もともとゲート内では大人しい馬なんだ。ここ2走はたまたま悪いことが続いただけで、それほど心配していない”と言っているんですよ。加えて“今回は普段から厩舎で馬とのコミュニケーションを取れている松若騎手。レースでは初めて乗るけど、先入観なく乗れるのがいい方に出る可能性もある”とも。思い出の地で重賞2勝目、というシーンも十分ありますね」

アサクサゲンキ

小倉競馬場で3戦3連対のアサクサゲンキ(左)(撮影:日刊ゲンダイ)

中邑「僕は同じ3歳勢でもゴールドクイーンに期待しました。これまで1200mでは4戦3勝。唯一2着に敗れた前走は勝ち馬の目標になる展開で、その勝ち馬タマモブリリアンは、函館スプリントSでGI馬セイウンコウセイや高松宮記念3着のナックビーナスに差のない5着と好走した馬ですから、それでいて52キロのハンデも恵まれていたはずです。それに僅か1キロ軽いだけの斤量で、アタマ差の2着なら、高い評価を与えていいと思いますし、今回は滞在効果で前走以上の上積みが見込める上に、引き続きハンデは51キロ。最内枠を引けた点もプラス材料ですね」

桜井「その小倉滞在は、陣営が“直前の長距離輸送による馬体減を心配してのこと”ですが、これまで栗東の坂路調整しか経験したことがなく、コースでの追い切りは生涯初めて。そのせいか、道中は戸惑いを見せ、強風の影響もあって決してスムーズな最終追いとは言えませんでしたが、先週までに実質の追い切りを済ませているので、不安はないでしょう。1200mでは底らしい底を見せていない馬ですし、ここも展開ひとつですね」

市場「3歳勢なら、裸同然50キロのアンヴァルも面白いですよ。輸送でどうなるかはわからないですが、ひとまず水曜の栗東では、線が細かった春と比べると別馬とまでは言わないまでも、丸みを帯びた体つきになっていて、その効果か脚取りが力強く動きにも芯が入って成長を感じましたね。前走はどこか集中力に欠けて本来の姿ではなかった感を受けますし、本来は1200mがベストなんじゃないかと思います」

加茂アンヴァルの前走は、確かに使い詰めの疲れで本来の行きっぷりがなかったもの。桜花賞は明らかに距離が長かった形で、1200mでこその馬やろな。陣営も“放牧で立て直して歩様もスムーズになった”と色気十分やったし、“夏は牝馬”の格言通りの傾向からも、50キロなら狙う価値はありまっせ」

細川「葵Sでは状態が一息ながらも渋太さを見せて2着同着に粘ったラブカンプーにも、チャンスは十分ありますよ。初の古馬相手となった前走も、同厩馬には直線競馬の適性の差もあって完敗しましたが、能力は存分に示す2着でしたからね。1200mなら逆転可能でしょう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル