3歳馬アヴニール&ミュゼ参戦の新潟記念 「負けたらクビ」になっちゃう騎手とは…

優馬TM座談会
小倉2歳S新潟記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3歳馬には負けられない古馬の猛者たち

デスク「対する古馬勢だって、けっしてレベルが低いわけではないよな」

久光マジェスティハーツは、この2000mの距離であれば、宝塚記念を勝ったラブリーデイに迫った鳴尾記念2着を評価すべきですね。前走の関屋記念にしても、速い上がりを差し込んだ好内容ですし、荒れてきた最終週の馬場の方がより向いている馬なので、舞台は整ったと見ます」

福田「前走は、ハミを換えた効果に加えて鞍上の好騎乗も大きかったで。ペースが遅いのはわかっていたんやが、持ち味を引き出すためにジックリと運んだとのことや。サマーマイルのタイトルもかかる京成杯オータムハンデの選択肢も当然あったようやけど、回復も早かったことと、スムーズな左回りちゅうことで、もう一発あっていいやろ」

坂倉「近走の成績が示すように、アルフレードは完全にスランプ脱出と見ていいですよね。この新潟外回りでは、2戦して1・3着ですが、特に3着だった春の新潟大賞典は、馬場の悪い内目を通っての上がり最速で、高く評価できるものですよ」

西田「前走は小回りの福島が合わなかっただけですし、実績のなかった2000mにメドが立ちましたからね。一週前の追い切りでは、アジアエクスプレスをアオってデキの良さをアピールしていましたから、私もGI馬の底力に賭けてみたいです」

大江原「確かに近走では一番いい状態に仕上がっているよ。今まで無理使いをしてこなかったことが、ようやく実を結びつつあるな」

守屋「ただ、僕はアルフレードは本質マイラーだと思うんですよね。ヴァンセンヌを外から強襲した東京新聞杯が、それを物語っているかと…。個人的には来週の京成杯で狙いたかったですね」

アルフレード

朝日杯FS以来の勝利を目指すアルフレード(撮影:日刊ゲンダイ)

佐藤直「休み明けとトップハンデが嫌われているようだけど、俺は同じ舞台の前走でもトップハンデで快勝したダコールを素直に信頼するぞ。58キロの斤量も克服済みだし、鉄砲実績も十分あるからな」

福田「前走後は陣営も早くからここを目標にしてたんやし、直前もテンからハードに追われて態勢は整った様子やで。中竹師も“ハンデは問題ない。道悪はダメだけど、良馬場なら好勝負”と言うてるし、鞍上は小倉2歳ステークスのシュウジを断って乗りに来るんやさかい、気がある証拠やろ」

守屋「でも、このレース自体、トップハンデの馬がほとんど来ないイメージが強いことも確かですよね」

伊利「僕は初の重賞挑戦でも、メドウラークを狙ってみます。一週前追い切りで坂路の自己ベストを更新する51秒8をマークしたように、4連勝中の勢いは本物。3戦2勝、2着1回の左回りで、ハンデも55キロなら重賞でも通用していいはずです」

加茂「この4連勝は全て違うコースと騎手やったけど、乗ったジョッキーが揃って素質と乗り味を絶賛。特に、今回も手綱を取る田中勝騎手は、これまたお手馬のスイートサルサを断ったほどの惚れ込みようと聞いてます。橋田師も“重賞で甘くはないがどれだけやれるか楽しみはある”と、控えめながら期待を覗かせてますわ」

小野智「勝春騎手に直撃してみましたが“前走で能力の高さはわかったし、これからGIでも活躍できると思う。今回負けたらクビになっちゃうから、何とか勝ちたいんだ”って、ニッコリ笑ってましたよ」

守屋「あの、たびたびチャチャを入れるようで申し訳ないんですが、メドウラークの4連勝がいずれも相手や頭数に恵まれた感も否めないんですよね。前走にしてもオープンからの降級4歳馬が2頭だけと、けっしてレベルは高くないと思うんですが」

デスク「いいぞ守屋、チャチャはどんどん入れてくれ。で、あとは穴馬披露の時間かな」

佐藤直「正直言って、今年は例年以上に“何でもアリ”の様相だと思うんだが、コース実績があって上昇気配、しかもハンデが手頃なロンギングダンサーに注目したいな」

清野「私は、外回りとはいえ、展開利の見込めるマイネルミラノが気になってます」

小島「さすがは清野さん、目の付け所がイイですね。前走はハナへ行きたい馬にとって最悪の大外枠でしたし、前半1000mのラップが58秒台ではバテて当たり前です。今回は人気も落としますし、マークが緩くなる点は怖いですよ。って、僕は無印ですがね」

瀬古クランモンタナの前走は、展開に乗じた感も否めませんが、ここは昨年2着のレースですからね。ただ、以前よりもズブくなっているので、無理せず好位を進んだ昨年と同じ運びができるかどうか。雨で馬場が渋って上がりを要す競馬になればチャンスはあるかもしれませんが」

広田「同じ新潟2000mで新潟大賞典を勝ったのがもう2年前となるパッションダンスやけど、最内枠でリズム良く走ることができなかった前走が“それでもコンマ4秒差なら悪くない”というのが友道師の判断なんや。ベストの舞台に替わって、デムーロ騎手なら、怖いんとちゃいます?」

デスク「さて、最後はまたも◎を打ち間違えた編集長に締めてもらおうか」

上田「だから、間違えたわけじゃないんだってば…。最初にデスクが言ってたように、すでにサマー2000王者が決まっている状況で、重賞路線を歩んできた馬に魅力を感じないんだよ。まぁ、今年の場合は上り馬に注目すべきかなと思って、メドウラークも◎候補だったんだけど、どうせなら人気の無い方、ユキノサムライに帰着したわけなんだ。前走は楽に行かせてもらっての逃げ切り、と見る向きもあるけど、付いて行った馬が失速しているからね。恵まれただけではない気もするんだ。勢いと軽ハンデで、もう一丁に期待するよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル