陣営が太鼓判を押す4歳馬 陣営が色々と工夫してきた4歳馬

優馬TM座談会
京都記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勢い止まらぬ4歳勢 本紙須藤はステイフーリッシュを◎に指名

デスク「TMの印も派手に散っているように、ここは抜けた存在もなく人気も割れそうだけど、本紙須藤はメンバー中ただ一頭だけ、前走で馬券対象になったステイフーリッシュに◎ときたか」

須藤「京都での古馬重賞は、年明けから4歳馬が3連勝中ですからね。4歳馬2頭に◎と○というのは予想上でも自然な流れでしたが、対戦成績でほぼ互角の2頭からステイフーリッシュを上に取ったのは、この京都2200mで重賞を勝っていることに加えて、前走で早目に動いて目標にされながらも先着したことを重視したからです。2歳でGIを勝って早いうちに完成したタイムフライヤーより、まだ強くなっていく可能性も感じますね」

田崎「自ら動いて長く脚を使った前走の中山金杯は、勝ちに等しい競馬だったと僕も思いますね。前々で運んで抜け出した京都新聞杯勝ちの舞台なら、当然期待は高まりますよ」

市場「前走は、GIでは足りなくても、GIIやGIIIなら勝ち負けになる力があることを改めて証明しましたし、2頭のGI馬にいずれも勝った頃の勢いがないことを考えれば、素直に◎でいいと思います」

細川「菊花賞こそ結果的には距離が長かったと言えますが、中距離に戻してからは安定していますし、走りのバランスも良くなっていますね。今回は“凄く状態がいい”と、陣営も太鼓判を押しているので、期待していいでしょう」

ステイフーリッシュ

同コースで重賞勝ちの実績があるステイフーリッシュ(撮影:日刊ゲンダイ)

瀬古タイムフライヤーも和田騎手とのコンビを継続して、着実にレース内容が良化していると思います。GI馬なのに、メンバーで1番軽い55キロの斤量で出走できるのも魅力ですし、ここでの復活Vも十分あると見ます」

細川「そのホープフルS勝ち以降は、上位にも食い込めていない現状ですが、陣営は何とか復活できるように、色々と工夫しているようです。能力自体に衰えがあるわけでもないですし、ステイフーリッシュの相手としては一番手の存在でしょうね」

桜井「僕はそろそろ年長組が4歳馬を止めてくれることにも期待してダンビュライトを。天皇賞での除外以降はチグハグなレースを続けていますが、噛み合えば力は十分に通用するはずです」

持木「この馬向きではないスローの上がり勝負となった2走前のチャレンジCでも、ステイフーリッシュとはタイム差なしの4着まで差を詰めていますし、レース間隔を詰めて出走できるのも、ダンビュライトにとっては好材料と言えますね」

瀬古「前走のアメリカJCCにしても、課題のスタートはクリアしましたが、レースの上がり3ハロンに10秒9という速いラップがあったほどの瞬発力勝負になっては分が悪かったと言えますね。この馬の持ち味が生きるのは、昨年のアメリカJCCのように早目に先頭に立って押し切る形でしょう。今回は確たる逃げ馬が不在の上に、久々にコンビを組む松若騎手とは2戦2勝の好相性です。所属厩舎の馬だけに、レースでの騎乗は少なくても特徴は熟知しているはずですし、持ち味を引き出して押し切るシーンも十分ありますね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル