センスの塊りラストドラフトに「ここでどうこうのレベルでは…」

優馬TM座談会
弥生賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気を集める2頭の重賞ウィナー 勝って本番へ駒を進めるのはどっちだ?

デスク「本番さながらのメンバーが集まることもある弥生賞だけど、今年は少し淋しい顔ぶれ。それもあってか、2頭の重賞勝ち馬に人気が集中しそうだな」

武井「中でもラストドラフト。キャリア1戦の身でアッサリ重賞制覇を果たした素質は世代屈指のものと言えるでしょう。その京成杯は、レコード決着だった葉牡丹賞の1・2着馬といった強敵を完封したわけですから、けっして相手に恵まれたという訳ではありませんし、以降も在厩して入念な乗り込みを消化し、1週前にはウッドでの自己ベストを大幅に更新する時計をマークするなど、もうワンランクのパワーアップも果たしているのなら、無傷で本番を迎えるシーンが濃厚と見ます」

佐藤直「ラスト2ハロンが10秒9-11秒1という究極の上がり勝負となったデビュー戦を好位から差し切って、2戦目は自ら勝ちに動いて後続を寄せ付けずと、ラストドラフトは全く違う競馬での連勝だから、センスの塊りと言えるレースぶりだよな。ここでどうこうのレベルではなく、皐月賞でも勝ち負けが期待できる馬だぞ」

小野智「今回のメンバーを見渡してみても、中山2000mで勝っているのはこの馬だけですし、勝ち方に派手さはなくても負けていないことは大いに評価できますね」

馬場「舞台適性という点で他馬を大きくリードしている上に、確かな能力も示しているわけですから、ここも信頼できる軸馬と見ていいでしょう」

デスク「隙のなかった前走内容に、これまた隙のない鞍上とくれば、人気になるのも当然だけど、陣営からも何か不安めいた話はないのかな?」

小島「前走の京成杯についても“終始、楽だったし、完勝だったね”と、戸田師も満足できる内容だったようですし、以降も在厩での調整で心身ともに一回りの成長も示したことで“久々の大物だよ”と、大きな期待を寄せてますからね。本番にもっと強い馬が待ち受けていることを考えれば、ここは負けられない一戦だと思いますよ」

ラストドラフト

桜花賞馬マルセリーナの仔としても注目を集めるラストドラフト(撮影:日刊ゲンダイ)

久光「僕はニシノデイジーの方を。重賞2勝の実績を買いたいですね。3着に終わった前走のホープフルSは、折り合いを気にする余り後手後手の形になり完全に脚を余したもので、敗因がハッキリしています。一息入りましたが、落ち着きも出て万全と言える仕上りですよ」

坂倉「確かに、ニシノデイジーの前走は勝負どころで包まれて身動きが取れなくなってしまったもの。それでもゴール前の脚は際立っていて、まともなら…と思わせる内容でしたよね。札幌2歳Sや東スポ杯で見せた勝負強さからも、並んだら負けないと思えますし、ここは巻き返し濃厚と見ます」

大江原「今回も確たる逃げ馬がいないから、前走同様の落ち着いたペースになりそうだけど、この頭数なら馬群に包まれることもなさそうだよ。鞍上も前走と同じ轍は踏まないだろうし」

守屋「前走は、最短距離を通れる絶好の最内枠が結果的にはアダとなってしまったわけで、もっとスムーズに走っていれば、勝てたとは言えないまでも、2着には来てましたよね。今回も内目の枠ですが、長くいい脚を使うタイプなので、もっと他馬を捻じ伏せるように、早めに自ら動いていくくらいでもいいと思いますよ」

デスク「こちらの陣営はどうなんだ?」

小島「前走については、皆さんも指摘されたとおり“3角で下がってきた馬の影響で位置取りが悪くなったし、少し大事に乗り過ぎた”と、陣営も分析してましたね。1週前の追い切りではモロに掛かってしまいましたが、最終追いではハミをトライアビットに替えたことでスムーズな走りでしたし、仕上り自体もいいと思います。“ここも折り合いひとつ”と、巻き返しに意欲を見せてましたよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル