センスの塊りラストドラフトに「ここでどうこうのレベルでは…」

優馬TM座談会
弥生賞

AJCC・東海Sダブル的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

本番への出走権 いやそれ以上もあるのがこの馬だ

西田「私はカントルに期待します。前走は直線で抜け出して遊ぶ面を見せましたが、2着馬が詰め寄って併せる形となってから再加速したもので、着差以上の強さだったと思いますね。まだ伸びしろも見込めるはずで、重賞でも足りていいのではないかと」

伊利「そのセントポーリア賞は、本気で追われたのがラスト1ハロンだけで上がりが33秒3ですから、極上のキレ味の持ち主だと言えますね。2着のアドマイヤスコールが先週の水仙賞を好時計で制したことを考えれば、レースレベルも確かですし、出走馬中、唯一のノーザンファーム生産馬にして鞍上がミルコ・デムーロ騎手とくれば、至上命題となる権利獲得以上の結果が期待できるはずです」

「陣営も前走については、それまでのフワフワとした走りから、テンよし、中よし、終いよしのしっかりとした走りになったことを評価していましたね。“理想はきれいな馬場だが多少渋っても我慢はきく”とのことでしたし、“この相手にどこまでやれるか”と言いながらも、それなりの手応えがあるように感じましたね」

カントル

最終追いでも素軽い動きを見せたカントル(奥)(撮影:日刊ゲンダイ)

加茂「陣営の手応えはブレイキングドーンにも感じましたわ。“前走は少し噛んだ分、ラストの伸びが一息だったが、トビが大きいので初の中山コースに戸惑った感もあった”と。放牧で立て直した効果で、馬体はグンと良化しているし、“コースも2度目なら鞍上もそのあたりを考えて乗ってくれるはず。能力的にはヒケを取らないので、何とか皐月賞の出走権を取りたい”とのことでした」

デスク「仮に人気2頭が上位を占めたとしても、皐月賞への切符はもう一枚あるわけだからな」

守屋サトノラディウスも、国枝師は“前走は勝つには勝ったがヒヤっとする内容だったから”と、控えめでしたが、素質の高さは折り紙付きですからね。立ち回りひとつで、その切符を獲得する可能性も十分ありそうです」

小島サトノラディウスについては、2000mがどうかと思うんですよ。前走は正味ラスト100mの競馬で勝ちましたが、2400mの距離が良かった感を受けましたし、葉牡丹賞の走りからも中山の内回りコースはけっして合う馬とは思えませんからね」

デスク「コジの担当では、堀厩舎のシュヴァルツリーゼあたりにもチャンスはあるんじゃないのか?」

小島「新馬戦については“センスを十分に見せたし強い内容だった”とのことですが、本来はここを目標にしていたわけではなく、前開催の東京での自己条件だったんですよ。熱発でここまで延びた誤算があった上に重賞ですからね。素質自体は通用していい馬ですが、肝心のデキも一息ですし、いい感触のコメントは聞けませんでしたよ」

木谷「なんだかんだで、ラストドラフトニシノデイジーで決まって“中山競艇かよ!”ってつっこむ姿も想像できますが、ここは本番出走へ好走が必須となるカントルサトノラディウスに期待したいです。というより、叩き台の馬は危ないってことは先週の中山記念で学びましたからね」

デスク「木谷の脳内AIにも“学ぶ”の回路があるんだな。なんか全く無いものと思っていたけど…。俺は買う気が起きない“ケン”のレースだと思っているが、競艇かよ、の可能性が高いと思うぞ。狂っても、名前の挙がらないままのナイママまでだろうな」

木谷「こないだの共同通信杯では、熱発で休んだ僕が言いそう、みたいなことが書かれてましたが、これで2回目ですから、デスクが言いたいだけですよね。まぁ、これ以上は触れないままにして置きましょうか」

AJCC・東海Sダブル的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

AJCC・東海Sダブル的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル