次代の女傑候補アルビアーノの出来は… 京成杯AH&セントウルSを優馬TM陣が斬る!

【激論!優馬TM座談会】
いよいよ開幕の秋競馬。とはいえ、東西のメイン重賞は、サマーシリーズの最終戦と位置付けられており、中山ではマイルシリーズの京成杯オータムハンデキャップ、阪神ではスプリントシリーズのセントウルステークスが行われる。シリーズ王者を決める戦いを、優馬TM陣が斬る!

優馬TM座談会
京成杯オータムハンデセントウルS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週もまた人気は3歳勢? 京成杯オータムH

デスク「まずは京成杯だけど、勝てばサマーマイル王者となる馬が複数いるようだし、ハンデ戦でもあるので多くの馬にチャンスがありそうだな。そして、先週の新潟記念に続いて注目を集めているのが3歳馬。今回もまた“3歳勢VS古馬”の図式かもしれんが、その新潟記念の結果をふまえると、ちょっと人気になりすぎだと思うんだが」

武井「新潟記念は馬場の悪化などもあって、経験値の差も出たように思いますし、今年の3歳世代のレベルが云々、という結果ではないと思いますよ。アルビアーノは、年明けデビューからの3連勝で重賞を制覇しましたが、距離やコースが異なる条件を使われながら結果を出したわけで、競走センスは世代屈指と言っていいはずです。NHKマイルカップも、いささか先頭に立つのが早かった分、目標とされた形でしたが、それでも2着なら、能力も世代トップレベルと見ていいでしょう。初モノづくしの前走は参考外ですし、巻き返し必至だと思います」

西田「ダートを使って初めて連を外した前走は、慣れないナイター競馬の環境で、パドックや返し馬でも集中力を欠いていた感を受けましたね。ただ、陣営は“太い造りになってしまったこと”を最大の敗因と考えているようで、今回は放牧先でも調教が強化されて、帰厩後もハードな追い切りを消化してきました。ハナにはこだわらなくても持ち前のスピードから前で運べるでしょうし、ハンデ差と開幕週の馬場を味方に粘り込めると思います」

アルビアーノ

秋初戦に向けてハードな追い切りを消化してきたアルビアーノ(中、撮影:日刊ゲンダイ)

デスクグランシルクは、この舞台でのニュージーランドトロフィーが大出遅れから2着というインパクトのある内容だったし、前走のNHKマイルCだって1番人気に推された馬だよな」

小島「この馬は、アクセルをふかしながら徐々にギアが上がっていくタイプで、瞬発力勝負となる東京コースでは陣営も懸念していた通りの結果となりましたね。ただ、相性の良い中山コースなら話は別ですから、巻き返しがあって当然です。この休養で馬体にもボリューム感が出ていますし、パワーアップも明らかでしょう。惜しむらくは、大雨の影響で最終追いが攻め切れなかったこと。少し急仕上げだと思うので、◎は打てなかったんですよね」

久光「そのNHKマイルCでは2頭の後塵を拝したヤングマンパワーですが、函館からの直前入厩でプラス18キロと太目残りだった関屋記念での3着健闘は、レース自体も不向きと思われた瞬発力勝負だっただけに、評価の上がる内容だったと思います。調教強化での上積みに加え、中山マイルのコース形態の方が合っている馬ですから、僕は逆転できると見ています」

大江原「前走については手塚師も“好位をスムーズに運べたことは今後につながるし、収穫の大きい一戦だった”と評価していたぞ。最終追いこそ軽目だったけど、一週前にビシッと追って上積みはかなりありそうだな」

小島「前走が太かったことは確かですが、成長分もあると思います。馬格があるので斤量が1キロ増えるのは気になりませんし、僕もこの馬の上昇度を買いたいですね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル