次代の女傑候補アルビアーノの出来は… 京成杯AH&セントウルSを優馬TM陣が斬る!

優馬TM座談会
京成杯オータムハンデセントウルS

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

黙っちゃいない歴戦の兵たち

デスク「そんな3歳馬はハンデの恩恵も受けるとはいえ、古馬も黙ってはいないはずだよな。今週は珍しく◎がおとなしい編集長も同意見なんだろうな」

上田「勝てばサマーマイル王者となる馬が複数いる中で、僕はレッドアリオンを信じるよ。今年のメンバーならそれほど厳しいペースになりそうもないから、ここもスンナリ行けそうだよね。たとえ逃げなくても競馬ができる馬なんだし」

大江原「天候も回復して絶好の馬場コンディションだろうし、スタートで後手さえ踏まなければ、58キロでも大丈夫だよな」

清野「中京記念8着、関屋記念1着、という兄のクラレントが昨年歩んだ道ですが、背負った斤量まで全く一緒ですからね。当然、同じ58キロで勝った兄の後を追えるはずです」

瀬古「陣営はいくつか不安点も上げていて、道悪に関しては大丈夫そうですが、ゲートはここ2走とも一息ですよね。“最近はゲート内で落ち着き過ぎてしまう”と甲斐助手も言っていて、スタートからコーナーまでの直線が長い新潟コースでは問題がなくても、中山コースでは少しの出負けが大きなロスにつながる可能性があります。あくまでもスタートが鍵ですね」

レッドアリオン

兄クラレントに続くサマーマイル王者を狙うレッドアリオン(手前、撮影:日刊ゲンダイ)

庄司「僕は昨年暮れあたりからの充実ぶりが著しいダローネガに注目したいですね。条件戦だったとはいえ、接戦したヴァンセンヌやサトノアラジンが、その後に重賞を好走していますし、約3年ぶりの勝利だった2走前で完全に復調をアピールしたと思います。前走の中京記念も、内が有利な馬場状態で大外を回ったことを考えれば、価値のある3着ですよ」

佐藤直「3走前には先行しているように、流れ次第で自在に動ける強味もあるよな。前走後は、早目にここを目標に据えて、ルメール騎手も早い段階で押さえていたようだし、仕上げにも抜かりはなさそうだよ」

目黒「ゲートが悪くて仕方なく後ろから、というパターンもありますが、腰の状態も良くなって、スタートさえ決まればレース運びに注文は付きませんね。ローテーションにしても、陣営は“使おうと思えば関屋記念も使えた状態”と言ってましたが、やはりコース適性で新潟より中山を選んだということです。中京記念から関屋記念を挟んだ組と比べて、フレッシュな状態で出走できるのもプラス材料ですよ」

坂倉「僕は、シャイニープリンスを狙ったんですけど、前が塞がって不完全燃焼だった3走前以外、ここ1年は全てコンマ4秒差以内に駆けているんです。今回はベストの中山マイルで、少なくとも前走のようなスローペースも考えにくく、この馬の持ち味がフルに発揮できるはずです。本当は内目の枠が理想だったんですが、この枠ならさらに人気も下がりそうですしね」

小野智「私も狙いは同じです。もともと久々では反応が悪いタイプですから、それでもコンマ4秒差の前走は評価していいはずです。蛯名騎手も“中山の方がこの馬の良さを引き出しやすいし、中間の雨で適度に湿った馬場なら、なおさらいい”と、密かに期待している様子でしたよ」

久光「僕も穴としては面白いと思ってます。この中間も連日、コースに出て入念に乗り込めてますからね。状態面の大きな上積みも見込めそうですよ」

広田「近走で崩れていないちゅうんやったら、ブレイズアトレイルかて侮れまへんで。夏はパスして、昨年2着のここ目標に仕上げとるし、斤量も昨年と同じ55キロや。一発あるなら、この馬やろ」

デスク「“勝てばサマー王者組“では、スマートオリオンの名前が挙がらないが、前走の大敗で人気も急落しそうだな」

守屋「前走の関屋記念は陣営も懸念材料だった“スローペースのヨーイドン”になったことが全てでしょうね。前走後はすぐにココ、というわけではなかったんですが、“短期放牧に出したらうまくリフレッシュできた”と、鹿戸雄師がゴーサイン。状態は問題ないので、逃げ馬がいいペースで引っ張ってくれて、ツボにはまれば可能性はあります。馬券的にもオススメですよ、デスク」

デスク「いやいや、今回、俺が目を付けているのは、アルマディヴァンなんだよ。この馬も勝てば…の組だよな」

伊利「前走は直線でインから差を詰めていましたが、残り1ハロンを過ぎて進路がなくなり、そうこうしているうちにハミも抜けてしまったようです。最後も盛り返し気味でしたから、陣営も“スムーズなら際どかった”と言ってましたね」

デスク「それでも◎は違うところへ、伊利はショウナンアチーヴか」

伊利「中山1600mでは、2・1着で、しかも朝日杯FSで2着、ニュージーランドTで1着とレースの質も高い馬です。馬場差があるとはいえ、ニュージーランドTの1分33秒3は、カレンブラックヒルが勝った前週のダービー卿CTを上回ってましたし、舞台適性はメンバー随一じゃないかと思うんですよ」

デスク「さて、最後は編集長の専売特許である“◎を打ち間違えた”守屋に語ってもらおうか」

守屋「僕も間違えたわけじゃないです! フラアンジェリコには前走の七夕賞でも◎を打ったんですが、スタート直後に隣の馬と接触して行き脚が付かなかったもので、力を出し切ったとは言えません。今回はマイル戦ですが、田辺騎手騎乗の中山マイルでは3戦オール連対で、マイナスどころかプラス材料ですよ。一度狙った馬は二度三度、これは僕のポリシーでもありますからね」

久光「助け舟になりますが、状態自体は持ち直していますし、2着だった福島記念の内容から、53キロのハンデなら僕も面白いと思ってます。それでも△までしか印は回りませんが…」

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル