佐藤直文 レース回顧 の記事一覧

全442件中 21~40件目を表示

ミスパンテール

ゴール直後に会心のガッツポーズ 名手に導かれミスパンテールが連覇

一瞬の脚を生かしてミスパンテール少し立ち遅れたカワキタエンカが外から一気にハナへ行ったこともあって、テンの3ハロンが34秒2、1000m通過...

ダノンファンタジー

今年も暮れにダノンが躍動 夢はさらに広がるダノンファンタジー

テン乗り鞍上も見事なエスコートダノンファンタジー前半3ハロンが34秒8、1000m通過59秒1というラップは、遅くはないが速くもないというこ...

コパノキッキング

これぞまさしく異次元の脚 コパノキッキング、能力は既にGIレベル

「ハマった」わけではない大外一閃コパノキッキングテンの3ハロンは33秒4。遅くはない流れだが、実際にこのラップを刻んで逃げた馬が2着に残った...

競馬イメージ

勢い止まらぬ3歳勢 ギベオンが中距離路線に存在をアピール

最後は3歳馬と7歳馬の差かギベオン逃げたマイスタイルは前半1000mを58秒7で通過し、その後もペースを緩めなかった。いくらこれが“マイスタ...

ルヴァンスレーヴ

ダートの王者も3歳馬 世界も視野にルヴァンスレーヴ

文句のない勝ちっぷりルヴァンスレーヴ昨年の覇者であるゴールドドリームが直前に回避したのは残念だったが、それでも現役最強のダート王者を決めるに...

エアウィンザー

完全に本格化したエアウィンザー 来春の大阪杯でも期待

この走りならGIの舞台でもエアウィンザー開幕初日の馬場で、しかも内回りコースということもあって、道中の位置取りや立ち回りの差が着順に表れた一...

リッジマン

リッジマンが資質示して初重賞V 今後の長距離戦線を担う存在に

これぞまさしくステイヤーリッジマン同一重賞4連覇の偉業がかかったアルバートが当日の朝に出走を取り消したことで、一気に混戦ムードとなったが、例...

ダノンスマッシュ

父の歩んだ道へ ダノンスマッシュは次代のスプリント界を背負う存在?

完璧なレース運びで重賞初Vダノンスマッシュ前半3ハロンが34秒1と、この距離の重賞としてはけっして速くはない流れ。内枠3頭の決着だった先週の...

アーモンドアイ

目を疑った2分20秒6 アーモンドアイ、世界挑戦へ「期待」の二文字

もはや化け物のレベルアーモンドアイ単勝140円、そして馬連・馬単のみならず3連複まで3桁配当という結果については、我々だけでなく多くのファン...

クラージュゲリエ

札幌組から大物がまた一頭 クラージュゲリエが成長を示す

気難しい面を今回は見せずクラージュゲリエ9頭立ての少頭数ながら将来が楽しみな馬が揃った印象。特に上位人気4頭、実際に4着までを占めた馬たちは...

ステルヴィオ

先入観なしの名手が好アシスト 「こんな競馬」もできたステルヴィオ

好位追走から内をスルリステルヴィオ稍重発表だった昨年が1分33秒8の決着で、良馬場の今回はその昨年よりもメンバーレベルが高いことも鑑みれば、...

ニシノデイジー

大接戦のゴール前で見せた勝負強さ 出世できるかニシノデイジー

輸送競馬も克服し重賞連勝ニシノデイジーダービー馬に輝いた昨年のワグネリアンを筆頭に、過去10年の勝ち馬のうち7頭までが後にGIウィナーとなっ...

リスグラシュー

2着馬がレース支配も 陣営の思いが結実したリスグラシュー

鞍上とともに遂に掴んだGIタイトルリスグラシュー主導権を奪ったクロコスミアが刻んだ1000m通過61秒4のラップは、3着から14着までがコン...

競馬イメージ

ハイペースも何のその 勝つべくして勝ったスティッフェリオ

力は本物重賞初制覇スティッフェリオ上位人気馬3頭が、それぞれに持ち味を発揮して上位を独占した形。マルターズアポジーが前半1000mを57秒6...

アドマイヤマーズ

逃げてもやっぱり強かった アドマイヤマーズが無傷で暮れへ

次へのステップとしても上々アドマイヤマーズ単勝で2倍を切る断然の支持を受けたアドマイヤマーズがハナに立つ予想外の展開。ただ、見え見えのスロー...

サンライズノヴァ

展開がハマったわけではない 完勝で頂点も見えたサンライズノヴァ

得意の舞台で強い勝ち方サンライズノヴァ前半3ハロン通過が34秒8で、見た目にも速い流れではあったが、脚抜きのいい馬場でのGIIIならけっして...

ケイティブレイブ

大盛況だった砂の祭典 JBC3競走を佐藤直文がまとめて回顧

進化の走りでケイティブレイブJBCクラシック好メンバーが揃ったとはいえ、先の南部杯での1・2着馬、ルヴァンスレーヴとゴールドドリームが不在の...

パフォーマプロミス

正味3ハロンの競馬で パフォーマプロミスがスパッと斬れる

長距離重賞路線で目が離せない存在にパフォーマプロミス1000m通過が62秒9のスローペース。その後も13秒台のラップが続くなどペースは上がら...

ファンタジスト

追走スムーズは2頭だけ 勝ったファンタジストは「マイルまでなら」

超スローで見せた抜群のセンス夢が膨らむファンタジスト前半3ハロンが38秒0という、新馬・未勝利戦でもなかなかお目にかからないほどの超スロー。...

ダノンファンタジー

また牝馬に大物 ダノンファンタジーが希望を抱かせる「いい勝ち方」

力強く伸びて最後は流し気味ダノンファンタジー前半3ハロンは35秒8という落ち着いたペース。ただ、各馬が現状での力を発揮できた流れであり、結果...

全442件中 21~40件目を表示

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル