コーリンベリー の記事一覧

1

全12件中 1~12件目を表示

カフジテイク

GI好走カフジテイクは「まだ良くなる」 根岸Sを優馬TMが激論!

上位拮抗の様相も本紙武井は重賞未勝利馬に◎デスク「昨年は、ここを勝ったモーニンが本番のフェブラリーステークスも制したけど、今年もまた本番並み...

ノボバカラ

前走武蔵野S組が3連勝中の根岸S 今年の狙い馬は…

先週の東海Sは4歳馬グレンツェントが制し、ダート界にも4歳世代の脅威が押し寄せてきた。そうはさせまいと古豪達が集結した根岸S、フェブラリーS...

ノボバカラ

芝スタートに適性あり ノボバカラが軽快に逃げ切りV

6ハロンでも強かったノボバカラの独壇場上位3頭の人気順が、このダート1200mでの実績の差となったように思えたが、結果は人気順の逆での決着に...

ノンコノユメ

「不安なし」ノンコノユメで鉄板? 馬券対決も復活のフェブラリーS座談会

2016年のGI幕開けとなるフェブラリーS。JRA史上初となる同一GI3連覇がかかるコパノリッキーに、新世代の勇者ノンコノユメ、モーニンらが挑む形だ。王座防衛となるのか、世代交代が実現するのか。優馬TMが熱く語り、そして馬券披露のコーナーも帰ってきた。

サンビスタ

ダートにも女帝誕生 サンビスタ&ミルコが歴史を塗り替える

【佐藤直文 先週のレース回顧】 昨年から中京での施行となり、レース名も新たにしたチャンピオンズカップ。文字通り、各世代のチャンピオンが勢揃いした中で、前身のジャパンカップダート時代から続いていた牝馬受難の歴史を、6歳牝馬サンビスタが見事に覆した。

ノンコノユメ

ノンコノユメはクロフネ級の化け物? チャンピオンズC座談会でウワサを検証

【激論!優馬TM座談会】 中京へ舞台を移して2回目となるチャンピオンズカップ。昨年の覇者ホッコータルマエ、フェブラリーSとJBCクラシックをともに2連覇したコパノリッキー、そして3歳ナンバーワンのノンコノユメ。さらには香港の全天候馬場で無敵を誇るガンピットの参戦もあり、文字通り“チャンピオン”が勢揃いしての注目の一戦だ。

ロワジャルダン

“強い関東馬”の中に激穴を発見! チャンピオンズCデータ攻略

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 コパノリッキーVSホッコータルマエに強力3歳馬ノンコノユメの末脚が襲い掛かる! 名物重賞ステイヤーズSと金鯱賞もデータで徹底解剖!

競馬イメージ

香港のガンピットはどうなのよ? 編集長がチャンピオンズCを徹底検証

【優馬編集長日誌】 今週のGI、チャンピオンズCにも外国馬が出走予定です。さて、どうしょうましょうか。日本馬では高UK値馬、それに準ずる馬について考えてみました

グランデッツァ

高速決着はお手の物 グランデッツァが鮮やかに復活

【佐藤直文 先週のレース回顧】 一気に夏らしい気温となった先週だが、福島の七夕賞、中京のプロキオンS、ともに良好な馬場コンディションにより、実力馬による紛れのない決着となった。

レコンダイトとクランモンタナ

今週はM.デムーロが福島を制す? 七夕賞&プロキオンSのTM本音トーク

【激論!優馬TM座談会】 今週は福島で伝統のハンデ重賞七夕賞が、中京ではダートの猛者が集結したプロキオンSが行われる。東西ともに梅雨の中休みで気温も上昇しそうだが、それ以上にTM陣のバトルも熱くなっている。

七夕賞連覇を目指すメイショウナルト(撮影:日刊ゲンダイ)

注目はハイレベルな鳴尾記念組 データ班が七夕の願いを託した馬は…

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 福島の名物重賞、七夕賞。サマー2000シリーズの開幕レースは激戦必至の様相だが、データは先行有利の結論に。好メンバー集結のプロキオンSも掲載中!

競馬イメージ

ダービー卿CT◎3着に泣いた編集長 UK値での桜花賞注目馬は…

【優馬編集長日誌】 0.4秒までが逆転の目安? 桜花賞の要チェック馬は?

全12件中 1~12件目を表示

1

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル