「メンバーに恵まれた」は早計 カフェファラオが見せた“本物”の走り

佐藤直文 レース回顧
フェブラリーS

NHKマイルCで払戻金9万1900円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

「アグレッシブな競馬」で王座奪取 カフェファラオ

 今年は昨年の1・2着馬のみならず、暮れのチャンピオンズCの1・2着馬が不在。これだけでも異例のことだが、直近のビッグレースである東京大賞典やJBCクラシックの勝ち馬も不参加ということで、実績面でのハードルはかなり下がったと言える。だからと言って、今年の勝ち馬がメンバーに恵まれたものと判断するのは早計で、良馬場で1分34秒4の時計が示す通り、レベルの高い走りを見せた。

 そのカフェファラオ。レース後のインタビューでルメール騎手が語った通りのアグレッシブな競馬で、けっして遅くはない流れの中を果敢に先行した。直線を向いてすぐに前が開いたが、手応えには余裕があり、残り300mあたりでゴーサインが出てからは力強い脚どりで突き抜けたもの。前走のチャンピオンズCでは見せ場すら作れなかったが、そこから立て直し、なおかつ馬具に工夫を凝らしたことの効果で、鮮やかな変わり身を見せたと言える。本来の能力を出し切れたのなら、ここでは力が一枚上だったということだろう。

カフェファラオ

1番人気の4歳馬カフェファラオがGIタイトルを獲得

 2着エアスピネルは、中団のインで脚を溜め、直線でも巧く馬群を捌いてゴール前では一完歩ごとに勝ち馬を追い詰めた形。ダートに転じてからも芝同様に決め脚を欠く面も見せていたが、武蔵野Sの内容を考えればこれくらい走っても不思議はなかったか。8歳を迎えたが、GIIIならどこかでチャンスがありそうだ。

 3着ワンダーリーデルは、道中は勝ち馬の直後と、この馬としては前目で立ち回り、直線でもそのままインから脚を伸ばしたもの。東京ではどんな競馬になっても崩れない馬である。

 4着レッドルゼルは、現状での力は示したと言えるが、もうひとつ弾けなかったのは距離ではなく、前走時の回顧でもふれたようにロードカナロア産駒の中2週というローテーションの分だったろう。

 アルクトスは、自分の形の競馬ができていたように思えたが、ここまで崩れるとは。外を回っての差しが利かない馬場もあったが、体調面での上積みに乏しかったとしか言いようがない。オーヴェルニュは、木曜日の計測で前走からプラス6キロの482キロだったが、蓋を開けてみればマイナス16キロ。輸送で大きく馬体を減らしてしまったのが全てだったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

NHKマイルCで払戻金9万1900円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

NHKマイルCで払戻金9万1900円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2021年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル