女王ソダシに真っ向勝負を挑む馬は 栗東厩舎取材メモ

想定班レポート
桜花賞

京阪杯で26万5060円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 春のクラシック開幕戦の桜花賞には取材担当厩舎から3頭が出走。人気を背負っている馬もおり、紙面では書き切れなかったことを、ここでお伝えしたい。(優馬TM・桜井真人)

代打に大ベテランを起用のメイケイエール

 まずはメイケイエールから。気性が前向き過ぎるのは周知の事実で、前走も途中から抑えが利かなくなる決して褒められないレースぶり。武豊騎手が渋い表情で勝利騎手インタビューに応じていたのも記憶に新しいだろう。ただ、それでも勝ち切った辺りは能力の高さの証明で、並ばれてから抜かせななかった勝負根性も非凡の一言だった。阪神JFの1・2着馬に迫れる存在なのは間違いないはずだ。
 陣営は調整法の改革にも着手。前走までは鞍上の制御のしやすさを重視し、調教でも実戦でも強制力の強い馬具を着用していたのだが、それに馬が反発していたのではという反省から、この中間から特殊な馬具は全て外して乗り込まれている。効果は出ている様子で「気持ち良さそうに走っているし(馬具に反抗して)頭を上げることもなくなった」と、自ら調教に跨る武英智師も明るい表情だった。
 また主戦の武豊騎手の負傷により横山典騎手に乗り替わるが、同騎手は元騎手の武英智師が公私ともに親しい存在。「こちらの固定観念を取り払ってくれる方。感性に任せて競馬をして頂けたら」と大ベテランに全幅の信頼を寄せていた。

メイケイエール

前走チューリップ賞は同着での勝利だったメイケイエール


一角崩しも十分可能なアールドヴィーヴル

 続いてアールドヴィーヴルを。前走が大幅馬体減だっただけに、その回復度合いが気になるところだが、今野師に話を聞くとどうも事情が違う様子。「初戦は仕上げに余裕があっただけで、しっかりと調教を積んで体が絞れたのがマイナス18キロの理由。確かに歯替わりでカイ食いが落ちた時期もあったが、こちらとしては特に心配していなかった」とのことだった。
 4月7日の最終追い切り後の計量で馬体重は426キロ。恐らく当日も大きくは変わらないだろう。ただ、この中間は今まで以上に内容の濃い調教を積んでおり、それでいて体を維持できているのは、より仕上がりが進んだという証拠。キャリアもメンバー最小だけに、上昇度という面では随一と言っていいのでは。
 粗削りなレースぶりから直線の長い外回り1600mというコース形態も間違いなく合っているはず。一角崩しがあるならコレか。

 最後の一頭、ミニーアイルはトライアルで権利を取って本番へ。ここに入ると実績面の見劣りは否めず、またイレ込みやすい気性も課題だが、平常心でさえ臨めれば終いは確か。前走より状態も上がっているとのことで、無欲で臨んでどこまで差を詰められるか…になる。

京阪杯で26万5060円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

京阪杯で26万5060円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2021年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 有馬記念戦績
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル