【桜花賞】関東馬の調教を”本紙 武井”が分析!

調教班レポート
桜花賞ニュージーランドT

京阪杯で26万5060円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

白毛の2歳女王を中心に”百花繚乱”といった今年の桜花賞

今年の桜花賞出走馬18頭はキレイに関東馬9頭、関西馬9頭と分かれ、東西対決のムードすら漂う。

 美浦からも魅力溢れる多彩な素質馬が揃ったが、まず取り上げるべきは過去に2頭の3冠牝馬を送りだしてきた国枝厩舎の2頭だろう。

 昨年の阪神JFで惜しくも2着と敗れたサトノレイナスは意欲的な乗り込みを消化。1週前にはDWコースで自己ベストとなる64秒台の好時計をマーク。 直前もこの厩舎にしては外めを回す形でパワフルな動きを披露。調教を強化し、それに応えるように馬体のつくりにも迫力を増してきた印象で、逆転へ向け準備は万端といったところだ。

サトノレイナス

桜の舞台で逆襲に燃えるサトノレイナス(美浦:国枝厩舎)

 


 

 3冠牝馬アパパネを母に持つアカイトリノムスメも2週前に好時計をマーク。伸びやかなフットワークを見せており、昨年の入厩当初は細身で非力な印象すらあった馬が、段階を踏んで着実にパワーアップしてきた。まだ母と比べるのは早いのかもしれないが、前走からの上積みは十分に見込んでいい。

 

 

アカイトリノムスメ

3冠馬の血脈が流れるアカイトリノムスメ(美浦:国枝厩舎)

 


 

他の厩舎からは余力十分の競馬で2連勝中の2頭に注目!

 この中間ハードな調教を積まれているのがソングライン。週2本しっかりとした時計を出し、1週前には重賞勝ちのある古馬を追走してビッシリと追う意欲的な調教。外ラチ沿いを回るため時計こそ目立たないが、意欲的な調教でひと追い毎に力強さを増しており、成長をも見込める仕上がり。昨年秋の東京ではアルテミスS、赤松賞を凌ぐ好時計で未勝利戦を楽勝している馬。マイルの舞台で勝機は十分にある。

 

 フェアリーSを加速ラップで快勝したファインルージュは軽快な動きが目立つ1頭。1週前に長目から追われるのはいつも通りだが、今回は直前もしっかりとした併せ馬をこなして動きは前走以上。こちらも一発があっていい状態に仕上がっている。

センス十分の競馬で4戦4勝、ソダシが強敵であるのは間違いないが、関東馬が土をつけるシーンは十分にあるとみている。

 

土曜重賞にも注目の一頭 中山11R ニュージーランドトロフィー


 

 土曜の中山11RニュージーランドTにも魅力的な牝馬が出走。

ほぼ1Fのみの競馬で2連勝、非凡な瞬発力を誇るアヴェラーレに注目。

小柄な牝馬で調教で目を見張るような時計を出すわけではないが、バネの利いた小気味よい動きを見せてきた馬。レース後にしっかり成長を促す時間をとることで、この中間はその動きに力強さも加わってきた。桜花賞に出走していても十分に好勝負になるのではないかと思っているが、まずは牡馬相手に重賞勝ちを果たして、GⅠの大舞台へ臨んでもらいたいところ。

筆者:


1975年東京都練馬区生まれ 1997年入社。美浦の時計班で、関東本紙予想を担当。予想の肝はあくまでも対戦比較。大学への通学で京王線を使っていて、東京競馬場に立ち寄ったのが、この世界に入るきっかけ。

京阪杯で26万5060円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

京阪杯で26万5060円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2021年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 有馬記念戦績
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル