【日本ダービー】エフフォーリア横山武史騎手に直撃!

想定班レポート
日本ダービーオークス

マーメイドS的中で払戻金11万9700円!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

【勢いは止まらない!今、イケてるジョッキー横山武史に聞く!】

 2017年にデビューしてから14勝→36勝→58勝→94勝と右肩上がりに勝ち鞍を増やし、今年に至っては現時点で33勝。今年は年間100勝が視野に入っている事は勿論の事、関東を主場としているジョッキーの中では現状ナンバーワンジョッキーに君臨している横山武史ジョッキーが激アツだ。

 

横山武史

若武者“横山武史ジョッキー”に訊いた!

 

先ずは彼にダービーを目前にした エフフォーリアのフライング取材をしてみた。

ー皐月賞馬エフフォーリアについてー 

 「札幌のデビュー戦の前に追い切りに跨った時から間違いなく重賞は勝てる馬だと感じました。 この馬はちょっと違うぞ!って。その時、僕自身がまだGIを勝った事がなかったので、GIとまでは分かりませんでしたが(笑)」

ー 確かに走る馬、凄い馬とは良く聞く話だが、実際に4連勝で皐月賞を勝つのはたやすい事ではない。それも僅か4年目で成し遂げるのだから恐れ入る。そもそもプレッシャーとか極度の緊張とかはしないのだろうか?

 「共同通信杯まではプレッシャーみたいなものはなかったですよ。 皐月賞でもパドックで跨る前くらいに少し緊張感はありましたが馬に乗った瞬間からは何故か大丈夫でしたね。 馬が強いのを分かっていたし邪念みたいなものより馬の事を考えていたらスーッとレースに入れましたね」

ん!?これは!!以前、父親である横山典弘ジョッキーも同じ様な事を言っていたのを思い出した。

さすがは良血!ならばダービーでも変なプレッシャーを感じずに行けそうだ。

“来週が楽しみでしかない!”という彼の言葉に来週の◎を確定しつつ…。

エフフォーリア

ー天高く突き上げた左手に重ねる父の姿ー

 

今週の自信の鞍を一つ、おねだり…!

「今週は幻の桜花賞馬がいるじゃないですか(笑)!」

クイーンカップを除外になって腰が砕ける位に残念だったレフトゥバーズ(日曜東京6R)ですよ」

「クイーンカップに出走できていたら、今でも楽に勝っていただろうなと思ってますよ。 再投票で共同通信杯に登録してきた時はこの馬には負ける訳にはいかないとエフフォーリアに乗りながらもソワソワしましたよ(笑) 自己条件のここなら見せムチでビュンでしょう!」

 

レフトゥバーズ

横山武史ジョッキーの評価もすこぶる高いレフトゥバーズ

東京11R オークスに出走するククナについても、「ここ2週と調教に跨りましたが、距離延長は良い方に出そうなタイプですし、ひそかに期待しているんですよ」と感触は上々だった。

連下は混戦模様が予想されるだけに、穴候補に狙ってみるのも面白そうだ!

“勝てるジョッキーには勝てるジョッキーの何かがある…そう思って日々、研究は怠らない”という横山武史ジョッキー。その何かを見つけようとしている努力こそが次の1勝に、そしてこの勢いに繋がっているのだと私自身、スッと腑に落ちた気がした。

 【続き→兄 横山和生ジョッキーにも直撃インタビュー!】

 

筆者:


1971年埼玉県生まれ 1993年入社。担当は関係者取材で、予想も取材を生かすスタイル。趣味は、ショッピングと食べること。

マーメイドS的中で払戻金11万9700円!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

マーメイドS的中で払戻金11万9700円!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル