人気の中心エフフォーリア、サトノレイナスの勝負気配を陣営に聞いた!【日本ダービー】

想定班レポート
日本ダービー

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー【想定班レポート・守屋貴光TM】

 まず、何といっても無敗の4連勝で皐月賞を制したエフフォーリアから取り上げる。

 2戦目となった百日草特別での鹿戸雄師の話の全容は「まだ緩さが残るけど、併せ馬をやるとシャキッと動いている。初戦時は調教も動いていたのでやれると思っていたが、勝ちに行く競馬をして押し切ったので内容は良かったね」

「横山武騎手もこの中間、跨っていて好感触をつかんでいるし、体のバランスがいいから左右の回りも関係ないでしょう。洋芝でデビューしたので上がりが速すぎるとわからないが、トビが大きいから東京コースのほうが合いそうだよ」というものだった。

エフフォーリア

若武者と大器が新時代を切り拓けるか!?

 次戦は暮れのホープフルSの予定もあったが「まだ体質がそう強くないので無理せず一息入れた」と師だが、これが結果的に成功。

共同通信杯時は「パワーアップして帰ってきた、と鞍上が喜んでいた。緩さが取れてシッカリしてきたし、速い上がりに対応したように前走の勝ち方も良かったからね。ここも楽しみ」と話してくれた。

レースでは直線で満を持して追い出すとあっさり抜け出し重賞勝ち。個人的にはこの時点で皐月賞の◎を決めたほどだ。

 皐月賞でも、荒れた内目の馬場を苦にすることなく直線で早目に抜け出すと、熾烈な2着争いを尻目に悠々と後続に3馬身差をつけゴール。1戦ごとに着差を拡げ4連勝を飾ったが、師の言う通り馬もグングン成長して良くなっているからこそ、このパフォーマンスを見せているのだと思う。

エフフォーリア

皐月賞は後続に3馬身差をつける完勝劇

 今回については「皐月賞時と大きく変わってきたところはないが、とにかく順調にこられたのがいいね。レース後の回復が早かったし放牧先のノーザンF天栄でも乗られていた。仕上がりに不安はない。ここも期待している」と既に王者として泰然自若、受けて立つ構えだった。

2年連続での無敗のダービー馬誕生の可能性は、極めて高いと思う。

 

守屋貴光

筆者:


1978年神奈川県生まれ 2004年入社。美浦の厩舎取材を担当。取材の感触に加え、ラップやレースぶりなどを総合的に判断する予想スタイルで、馬券は単勝とそこからワイドへ数点が基本。中学時代からダビスタにハマり、そこから実際の競馬も観るようになった。一番好きな馬は、弥生賞の走りを見て鳥肌が立ったフジキセキ。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル