「イスラボニータ産駒の一番星」が無傷のデビュー2連勝を狙う!【ダリア賞】

想定班レポート

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 今年の弥生賞を勝ち、皐月賞でも2着に食い込んだタイトルホルダーや、6月のダート交流重賞さきたま杯をアルクトスで制した栗田徹師は、同世代ということもあり開業以来ざっくばらんな話もしてくれる。その師が今週の期待馬として挙げてくれたニシノレバンテ(土曜新潟9R・ダリア賞)には、義父である栗田博元師の思い入れも非常に深いという。

ニシノレバンテ

栗田徹調教師と、福島の新馬戦を快勝したニシノレバンテ

「調教師を引退したあとも、義父は元気ですよ。土日は朝から最終レースまでテレビを見ていて、ウチの厩舎の馬が勝つとすぐに連絡が来るくらい。たまに、移動中などでリアルタイムでレースを見られないときに勝っていると、義父の連絡で『あ、勝ったんだ』と知ることもあります…笑」

 

という師は、開業以前は義父の下で調教助手を務めていて、馬造りの基礎を学んだという。その義父が晩年に送り出したのが、皐月賞馬でダービー2着、重賞を計6勝したイスラボニータだった。

イスラボニータ

栗田徹師の義理の父である栗田博師が管理したイスラボニータ。

今年、そのイスラボニータ産駒がデビューを迎えたのだが、産駒の初勝利がニシノレバンテだったのだ。

「毎回、ウチの厩舎が勝つと喜んでくれるんですが、そのときはいつも以上にすごく喜んでくれましたね。レバンテは、初めて見たときから筋肉量があってスピードがありそうと思っていましたが、育成でもノートラブルでトレセンに入厩してゲートもすぐ受かりましたし、そのままデビュー戦を迎えました。スピードを生かすいい勝ち方だったし、産駒の初勝利が自分なんてやはり縁があるなと思います」と話した。

また、
「6月に新馬戦をアライバルで勝ちましたが、そのときの2着馬がイスラボニータ産駒で、その馬が次走の新潟の未勝利戦でレコード勝ちをしたんですよね。それにもかなり喜んでいて、今はウチの厩舎の応援とイスラボニータ産駒の応援で、レースを見る楽しみが倍増しているみたいです!」と、師もどこか嬉しそうな顔で続けて話してくれた。


 

さて、では今週の注目馬のニシノレバンテについてだが、
「デビュー前はスピードに任せて調教も動くという感じでしたが、今は動きにメリハリが出てきました。体調も安定しているし、これなら距離も大丈夫だと思います。ここを勝てば先の選択肢も広がるので、好レースを期待しています」とのこと。

ニシノレバンテ

ニシノレバンテはダリア賞でデビュー2連勝を狙う!

 また、デビュー戦を快勝したアライバルは新潟2歳Sをルメール騎手で予定していて、冒頭に記したタイトルホルダーは秋はセントライト記念からの始動を予定しているという。

 今後も注目を集める厩舎だが、新進気鋭の調教師らしく2年前から厩舎のインスタグラム(@toru.kurita_racingstable)を開設し情報を発信している。厩舎内や放牧先での馬の様子やよもやま話など、画像や動画を合わせて載せているので、興味のある方はこちらもチェックしてもらいたい。

 

守屋貴光

筆者:


1978年神奈川県生まれ 2004年入社。美浦の厩舎取材を担当。取材の感触に加え、ラップやレースぶりなどを総合的に判断する予想スタイルで、馬券は単勝とそこからワイドへ数点が基本。中学時代からダビスタにハマり、そこから実際の競馬も観るようになった。一番好きな馬は、弥生賞の走りを見て鳥肌が立ったフジキセキ。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル