「あっさり連覇」オーソリティは、昨年より強くなっているのか?

佐藤直文 レース回顧
アルゼンチン共和国杯

チャンピオンズCで20万1000円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

もう一つ上のステージでも オーソリティが横綱相撲

 ハンデ重賞における連覇は、実は結構ハードルが高い。勝った翌年は当然ながらハンデも増えることとなり、各馬にマークされる立場となろう。3歳で54キロのハンデだった昨年の勝ち馬が今年課せられたのは、一気に3.5キロ増えたとはいえ57.5キロ止まり。競走馬としても充実の時期と言える4歳秋にこの斤量はけっして酷量ではなく、まさに負けられない一戦だったと言える。

 そのオーソリティ。昨年よりコンマ8秒遅い決着タイムが示す通り、ゆったりとした流れの中を好位3、4番手でピタリと折り合う形。直線を向いて抜け出したところで、外から2着馬が馬体を併せようと迫ってきた時も手応えは十分に残しており、あっさりと突き放しての完勝だった。半年ぶりの骨折明け、というのは昨年と全く同じ臨戦態勢だったが、プラス12キロでも太目感は全くない好仕上りだったもので、昨年以上にパワーアップを果たしていた印象。今ならもう一つ上のステージでも好勝負を演じることができるはずだ。

オーソリティ

1番人気の支持に応えてオーソリティが連覇達成

 2着マイネルウィルトスは、中団で流れに乗って、直線では目標を相手に勝ちに行く競馬。2000mを超える距離は今回が初めてだったが、勝ち馬に突き放されてからもしっかりと脚を使っており、長い距離への適性を十分に示したと言える。

 3着フライライクバードは、勝ち馬の直後でうまく流れに乗り、その差は最後に広げられたとはいえ、古馬になって初めての重賞でここまで走れば、今後が楽しみだろう。

 4着レクセランスは、これまで順調に使い込むことができなかった馬だが、叩き2走目で十分な上積みを見せた形。

 5着ディアマンミノルは、自分の競馬に徹したと言えばそれまでだが、今日の流れで後方から外を回って、というパターンではあまりにも厳しすぎた。今後はもう少し流れに乗る競馬ができるかどうかが課題となるだろう。

 アンティシペイトは、少し掛かり気味だったとはいえ、今日のペースを前で運んでの8着という結果は、まだ力不足と言わざるを得ない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

チャンピオンズCで20万1000円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

チャンピオンズCで20万1000円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2021年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 有馬記念戦績
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル