【日経新春杯】その名の如く飛躍の時が訪れた 最高の舞台でフライライクバード

調教班レポート
日経新春杯

宝塚記念的中 払戻金19万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

中京2200mで 破格の好時計!

 前走のアルゼンチン共和国杯では3着に敗れたフライライクバードだが、2着からコンマ1秒差の3着と見せ場十分の内容。勝負所から少し力んだ走りになり、4コーナーの手応えの割に伸び切れなかった点を考えると若干距離が長かった印象を受けた。
 その点今回は3戦2勝2着1回と得意としている中京の2200m。2着に敗れた一戦も、次走菊花賞で2着に好走し、昨年のアメリカJCCを勝利したアリストテレスとコンマ1秒差。3着ヒートオンビートが昨年から今年の中山金杯まで何度も重賞で好走している事を考えれば、評価を落とす材料にはならないはずだ。更に昨年の長良川特別勝ちは時計的にも非常に優秀。2分11秒2は、2020年から現在までの中京2200mの全鞍の中で最速なのに加え、翌日に行われた昨年の日経新春杯をコンマ6秒も上回っている。

フライライクバード

破格の好時計勝ちだった昨年1月長良川特別のフライライクバード


体質強化の今こそ 重賞に手が届く

 2~3歳時はまだ体質がパンとせず、週に何回もプールを併用していた時期もあったが、それも徐々に減り、昨年の夏を境にCWと坂路のみで仕上げられるようになった事も、馬がシッカリとしてきた証明と言えるだろう。実際にその動きも以前からある軽快さだけでなく、力強さも増してきている。間隔を詰めて使うとパーフォーマンスが落ちる傾向にあったが、十分にレース間を開けて使う事でその課題もクリア。重賞初制覇の舞台は整っている。(栗東調教班・中邑茂)

フライライクバード

体質強化が明らかなフライライクバード

筆者:


1974年千葉市生まれ 1997年入社。栗東時計班。馬券は、馬連を中心に単勝や馬単も買うスタイル。趣味は、地元の滋賀県を中心にラーメンを食べ歩くこと。

宝塚記念的中 払戻金19万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

宝塚記念的中 払戻金19万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2022年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル