【京成杯】結果を残していざクラシックへ 西の素質馬が再度の東上

想定班レポート
京成杯

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

確勝を期して出走する 土曜の注目馬2頭

 「もったいない競馬だったなぁ…」と南井調教師が悔やんだのが小倉8Rミツルハピネスの前走のレースについて話を聞いた時。スタートで大きく出遅れて、直線に向いてからもなかなかスペースが開かず、捌くのに手間取るシーン。最後は猛追したものの、終始ロスの多い競馬に泣かされた。もともと爪が丈夫ではないだけにレース間隔を詰めて使えるのは好材料。「もっと上のクラスで走ってもらわないと困るんだよ」と師が期待する1頭。浜中騎手にビシッと決めてもらおう。

 先週のフェアリーSで無念の除外となったのが中山9Rサウンドビバーチェ(栗東・高柳大厩舎)。もし出走が叶っていれば、個人的にはいい勝負ができたんじゃないかと思っている。「前走は勝った馬に最後まで喰らいついていたし、ホント惜しい競馬だった。馬体増が示すように馬の方はドンドン良くなっている」と平助手は成長力を実感する。ここで待望の2勝目を挙げてくれるだろう。

サウンドビバーチェ

陣営の期待も大きいサウンドビバーチェ(写真は昨年9月未勝利勝ち時)


クラシックへ向けて 夢が膨らむテンダンス

 中山11R京成杯のテンダンス(栗東・中竹厩舎)は一戦毎にパフォーマンスが向上。前走後はこのレースを目標に調整してきた。「和田竜騎手が乗った今週の動きが抜群だったし状態もすごく良い。競馬が上手なのでトリッキーな中山コースも合いそう。何とか賞金を加算したいところだね」と柴田助手も力が入る。しっかりと結果を残せればクラシックへの夢がグンと膨らむ。(栗東想定班・加茂聡)

テンダンス

最終追いでも推進力十分の動きを見せたテンダンス

筆者:


1971年滋賀県生まれ。TM歴20年。栗東の厩舎取材担当。予想スタイルは厩舎情報がメインで、馬券は単勝派。テレビの競馬中継が面白かったので、この世界へ。

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル