【ダイヤモンドS】“先週の東京W重賞もヒット”させたデータ班の推奨馬は必見!

重賞データ攻略
ダイヤモンドS

エプソムC「8.3万」函館スプリントS「9.3万」的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

~過去10年のダイヤモンドSの傾向分析~

◇年齢別成績
・4歳  〔2.3.4.10〕
・5歳  〔3.2.0.25〕
・6歳  〔3.1.4.27〕
・7歳  〔1.1.1.24〕
・8歳以上〔1.3.1.30〕
高齢馬の好走が印象深いレースだが、勝率・連対率・複勝率は全て4歳馬がトップを誇る。さらに直近3年連続で4歳馬が連対中と勢いもある。

◇前走人気別成績
・1人気  〔2.1.3.5〕
・2人気  〔2.0.1.5〕
・3人気  〔2.1.2.13〕
・4~5人気〔0.2.3.21〕
・6~9人気〔1.3.1.34〕
・10人気以下〔3.1.0.35〕
前走1人気で1~3着に好走していた馬に限れば〔1.1.3.2〕と複勝率は70%超え。

◇重賞出走経験
1~3着に好走した4歳馬9頭の当レースまでの重賞出走経験数に注目してみた。すると平均値が3.9レースだった。大半が3レース以上の重賞出走経験があったとすると、重賞出走経験の少ない4歳馬は割り引きたい。
※重賞出走経験が0~1レースだった4歳馬は〔0.0.1.5〕と、馬券に絡んだのは20年オセアグレイト3着のみ。


 

上記を踏まえて、今年はヴェローチェオロ(栗東:須貝尚厩舎)に注目する。

ヴェローチェオロ

菊花賞6着馬ヴェローチェオロが、重賞初制覇に燃える!

明け4歳馬でここまで重賞出走経験は4度と豊富にあり、2走前の菊花賞では勝負所で動けない場面がありながら、2着馬に0.3秒差まで追い上げた。今回は直近3年で3連勝中のハンデ54キロで臨める点も好材料。血統的にもゴールドシップ産駒でスタミナの裏付けがあり、初の3400mはむしろプラスに働くかもしれない。レースぶりや血統面からもステイヤーとしての魅力はたっぷりあり、父が制した春盾へ良い形で向かうためにもここで好勝負を期待したい。(優馬データ班)

 

エプソムC「8.3万」函館スプリントS「9.3万」的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

エプソムC「8.3万」函館スプリントS「9.3万」的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。