開幕週重賞のポイントは? 優馬TM陣がフローラSとマイラーズCを斬る

優馬TM座談会

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

全く遜色のない1勝馬たち

デスク「本紙武井はナガラフラワーで攻めてきたな」

武井「道悪、距離、牡馬相手、そして馬体減と、四重もの厳しい条件だった前走は度外視できます。2走前のエルフィンステークスで、直線は外へ持ち出すロスがありながらも桜花賞2着のクルミナルに迫ったことを評価すべきですね」

坂倉「むしろ、そこでクルミナル以上に速い上がりを使っているんだし、開幕週の馬場なら、そのパフォーマンスを見せてくれるんじゃないかな」

瀬古「デビュー前から、気性の難しさがあると聞いていた馬だから、前走は適性うんぬんではなく、道悪で嫌気が差したんだと思うよ。初戦と2戦目で見せた末脚は、東京の長い直線でこそ、だよね」

小野智「惜敗続きのマキシマムドパリですが、流れ次第では先行できて、後方からになれば長くいい脚を使える自在性がありますよね。前走は直線で前が詰まってコンマ1秒差ですから、スムーズなら勝っていたレース。勝ち馬に乗っていた内田博騎手も『勝負には勝ったけど、力は向こうが上かも。もう1回やったら適わないかもな』と力を認めてましたから」

デスク「一戦ごとに馬体が減っている点はどうなんだ?」

瀬古「直前こそ軽目の調教メニューだったけど、1週前にはビシッと追われていたからね。馬体減が深刻な状況だったなら、あそこまで強くはやれないはず」

デスク「未勝利を勝ったばかりのエバーシャルマンも穴人気となりそうだな」

西田「前走は着差以上にインパクトのある勝利でしたし、出遅れましたが本来はスタートセンスのいい馬。あれだけ終いしっかりとした脚が使えるなら、東京でさらに、ですね」

小島「元々、陣営はオークス向きと睨んでいましたし、何と言っても、今、最も勢いのある堀厩舎。JRA史上初の4週連続重賞制覇もアリと見ます」

伊利「蛇足かもしれませんが、堀厩舎は春の東京開催の芝2000mで〔10・6・3・20〕。勝率25.6%、連対率41.0%と驚異的な数字を叩き出しているんです」

デスク「手作業で調べたら一晩かかっても終わらないデータだな」

坂倉「前走の勝ちっぷりといえば、バンゴールもなかなかのもの。予想上は△が精一杯だったけど、厩舎の期待は大きいし、無視はできない存在かな」

山崎フロレットアレーも、『いい結果を出してオークスへ向かいたい』と、陣営はかなり力が入ってます。前走は手応えの割りにジリジリしか伸びませんでしたが、田辺騎手は『もう少し早く仕掛けても良かったかな』と言ってましたし、今回は修正してくるんじゃないでしょうか」

田村「善臣騎手がかなり色気を持っていたアドマイヤピンクも面白いぞ。プラス体重で出走してきたら、さらにいいと思うしな」

小島「前走は気分良く走らせることができましたが、2戦連続で好走したことがないように、気まぐれな馬なんですよね。陣営も、この性格が直らないとオークスの権利うんぬんなんて言ってられない、という雰囲気でしたよ」

久光「穴中の穴ならゴージャスガールですよ。未勝利戦とはいえ4戦続けて2000mで骨っぽい牡馬と接戦してますし、2、3走前の勝ち馬はともに2勝目を挙げていますからね」

守屋「いつも控えめな大竹師が、珍しくいい話のオンパレードだったんですよ。オークスはルージュバックの雪辱戦となりますが、密かに2頭出しを目論んでいるようです」

デスク「あと俺が気になっているのが、ロックキャンディなんだが、智美、なんかいい話を聞いているか?」

小野智「いえ、特にないです」

デスク「あ、あ、そうか。スマン。って、何で俺が謝ってんだか…」

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル