春天の「とびっきりの穴馬」は同じ厩舎の2頭!?【天皇賞・春】

想定班レポート
天皇賞(春)

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

林徹厩舎に初勝利と初の重賞タイトルをもたらしたクレッシェンドラヴと、菊花賞で厩舎初のG1挑戦をロバートソンキー。特に思い入れが深いであろう2頭が天皇賞へと駒を進めた。ともにチャレンジャーとしての立場ではあるが、その経緯と意気込みを取り上げてみたい。(美浦:西田美佐子TM)

クレッシェンドラヴ
「一昨年のJCから、有馬記念、大阪杯と続けてG1を使い、続く七夕賞では一息の結果に。疲れが溜まっていた様なので、昨秋に予定していた福島記念への出走を念のため自重しました。時間をかけて立て直した事で、馬に覇気が出て、復帰後の近2走ともが好内容。乗り手の指示に従順になり、上手に立ち回れる様になったのは大きいですね。以前の後ろからマクっていく競馬だと長距離戦ではもたない印象でしたが、これならと参戦を決めました。今は凄く雰囲気がいいので、どんな競馬ができるか楽しみです」
クレッシェンドラヴ

クレッシェンドラヴは、8歳でも衰え全くなし

 長期休養明け2戦目となった日経賞では、タイトルホルダーを2番手から終始マークする形で0.3秒差。一昨年の有馬記念でも、昨年の勝ち馬ワールドプレミアと0.2秒差に健闘しており、スタミナは豊富。ステイゴールド産駒で、3200mに距離が延びて穴をあけるシーンは十分に考えられる。
 
 
ロバートソンキー
「弱い所があったので大事に使ってきましたが、ようやく続けて使えるまでにシッカリしてきました。暖かくなってきた事もありますが、内臓自体が良くなって新陳代謝が活発になり、メンタル面の方でもスイッチが入る様になっています。走りたくて仕方がないという感じですね。格上挑戦という形にはなりますが、菊花賞へは1勝馬の立場で挑んだ馬。距離適性を感じていますし、成長を遂げた今、この舞台で良い走りを期待しています」
ロバートソンキー

格上挑戦と侮るなかれ!大駆けの魅力あるロバートソンキー

3歳時の神戸新聞杯では、ここで人気の中心となるディープボンドに先着しており、消耗戦となればここでも無視できない存在だ。

筆者:


1972年石川県生まれ 1997年入社。美浦北馬場の厩舎取材を担当。基本はオーソドックスな予想スタイルだが、たまに担当厩舎の馬で一発を狙うことも。趣味は登山で、大江原TM、須藤TMなどが同じ優馬登山部員。

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル