【オールカマー】「穴党はロバートソンキーで決まり!?」今回が絶好の狙い目のワケとは

想定班レポート
オールカマー

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 昨年は2頭のG1馬が参戦し豪華な顔ぶれだったが、今年のオールカマーも3冠牝馬デアリングタクトを筆頭に8頭の重賞ウィナーが参戦。上々の顔ぶれとなった。ただ、実績馬の多くは目標は先で今回は休み明け。近年は休み明けでの割引は以前ほど必要なくなっているが、それは本番での話。ここはあくまでもステップレースで昨年のG1馬2頭は3、4着という結果に甘んじている。デアリングタクトにしろ、ヴェルトライゼンデにしろ、調教こそ動いてはいるが、目一杯の仕上げの訳は無く今回、付け入る隙はあるハズだ。(美浦TM:馬場大輔)

 注目は順調さでメンバー1、2を争うロバートソンキー(美浦:林厩舎)。今後のためには賞金加算が至上命題で、ここは単なるステップレースと言う訳では無い一頭だ。自己条件を勝利し中4週での臨戦となるが、手綱を取る伊藤工騎手は「前走時も攻め馬の動きは良かったですけど、今回も同様に良い感じでした。良い状態で臨めそうですよ」とのことで引き続き好調をキープしている様子。

3歳時の神戸新聞杯では3着とここでも通用するポテンシャルは有している同馬。今回、唯一の懸念材料はこれまで結果が出ていない右回りに替わること。ただ伊藤工騎手は「回りに関しては心配はありませんよ」と全く気にしている様子はなく、左右でパフォーマンスに差異はないという見解だった。そして2200mでは2勝を挙げており、雨馬場はお手の物と、舞台や天気が追い風の可能性も。人馬共に初の重賞制覇のチャンスは十分にあるとみる。

ロバートソンキー

ロバートソンキー 人馬ともに嬉しい重賞初制覇となるか!?



 

また、伊藤工騎手は土曜日の中山12Rカランセ(美浦:金成厩舎)にも注目。「レースが上手になっていますし、そういう部分で成長を感じますね。乗りやすくなっていますし、昇級でも楽しみですよ」と同騎手。
2走前は復帰戦だった新潟でタヒチアンダンスに先着を許したが、今回は中山ダート1800m戦。ここは2戦2勝の得意舞台で、当時とは状態が全く違う今なら逆転があって良い。順調さや3歳馬で斤量面での恩恵があることを加味すると、連勝を期待できる存在だ。

筆者:


1986年福岡県生まれ 2010年入社。美浦の厩舎取材を担当。基本は穴狙いだが、厩舎情報を重視するスタイル。この世界に入ったきっかけは、大学時代に東京競馬場が近かったので。

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル