【アルゼンチン共和国杯回顧】強い競馬ブレークアップ 人気テーオーロイヤルらは「状態ひと息?」

佐藤直文 レース回顧
アルゼンチン共和国杯

日本ダービー「21万2500円」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

アクシデントも巧みに回避して ブレークアップ

 直線を向いたところでキングオブドラゴンが内に逃避してラチに接触するアクシデント。逃げていた馬だけに後続の多くの馬が不利を受け、上位入線組のいずれの馬たちも少なからずその影響を受けたが、勝ち馬は巧く回避できていた。

 そのブレークアップ。以前は逃げの手に出ることが多かった馬だが、前走では好位に控えて差す形の競馬ができた。今回もまた離し逃げの展開の中で、絶好とも言える好位の3番手で流れに乗り、残り1ハロンで先頭に立つと最後までしっかりと脚を使って後続の追撃を凌ぎ切った。田辺騎手の冷静な判断で前述したアクシデントを回避できたことも大きかったが、内容的にも強い競馬であり、状態面も噛み合っての勝利だった。

ブレークアップ

ノヴェリスト産駒の上がり馬ブレークアップが重賞初挑戦で初制覇

 2着ハーツイストワールは、アクシデントにより完全にブレーキがかかる不利を受けたが、そこから巧く内に潜り込んで2着争いを制したもの。コース相性の良さも生かしたと言えるが、6歳を迎えて完全に本格化した形だ。

 3着ヒートオンビートは、今回もまた待望の重賞初制覇がお預けとなってしまったが、最後の叩き合いでは地力の高さを示す伸びを見せた。やはり2400~2500mくらいの距離が最も合っている馬だ。

 4着カントルは、道中は勝ち馬の直後のポジションで運び、直線でも見せ場は十分に作った。最後は力負けしたものの、今後に繋がる走りができたように思う。

 5着ラストドラフトは、直線半ばで一瞬は外から突き抜けるかの脚を見せたが、最後に鈍ったあたりは距離かもしれない。

 テーオーロイヤルは、不利を受けたとはいえ、ロスのない立ち回りができていた割にはピリッとした脚が使えなかった。久々を一叩きされていたがまだ状態が本物ではなかったか。キラーアビリティは、道中での走りのリズムが悪く、追われての反応も一息。プラス10キロの馬体は成長分を考えるとそこまで太くはなかったと思えたが、まだ中身ができていなかったのだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

日本ダービー「21万2500円」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー「21万2500円」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2024年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 枠順
  • オッズ
  • 騎手
  • 動画・写真
  • 優馬本紙の馬柱
  • 短評

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。