【東京新聞杯・調教ジャッジ】「意外と人気がない!?」買って損なしの関東の刺客たち

調教班レポート
東京新聞杯

皐月賞「22万9700円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 毎年G3として行うには勿体ないほどの組み合わせになることが多い東京新聞杯。今年も御他聞に漏れず、魅力的な好メンバーが顔を揃えたのではないだろうか。残念ながら主力は関西勢といった印象こそ否めないが、それでも何が起きるか解らないのが競馬。ここでは美浦より虎視眈々と勝利を目指す関東の精鋭達を直前の動向を踏まえつつザックリと紹介していこう。

 まず東の大将格としてはウインカーネリアン(美浦:鹿戸雄厩舎)か。ゲート再審査の影響で随分と在厩しての調整が長くなってしまったが、ここ2週の動きを見る限り、何ら割り引く必要はなさそう。ホライゾネットを装着した最終追い切りの動きもメリハリが利いており、気配共々申し分なし。これならスタートを決めて本来の積極策さえ取れれば、アッと言わせるシーンも十分。

ウインカーネリアン

最終追い切りでは前を行く2頭をアッサリ捉え切ったウインカーネリアン(写真:左)

 続いては京都金杯で3着と前走で改めてマイル適性を示したプレサージュリフト(美浦:木村厩舎)も侮れない。直前の3頭併せでは真ん中でシッカリと我慢できていたように、この中間も冷静さを保てているのが良い。そもそも明らかに距離の長いオークスでも、ここで人気となる同期の花形ナミュールと少差で駆けていた実力の持ち主。後の二冠牝馬を下し、重賞を勝った舞台となる今回は前走以上があっても不思議がないのでは。

プレサージュリフト

冬場は体調の良さが際立つプレサージュリフト(写真:中央)

 穴っぽいところならピースワンパラディ(美浦:大竹厩舎)が面白そう。年齢的なものか、以前ほど調教では動かなくなっているものの、一叩きされて明らかに集中力は増してきている。そつなく立ち回れる器用さもあるだけに押えておいて損はないかも。他にもスピード溢れるインダストリアショウナンマグマ、ここにきて充実示すサクラトゥジュール、安定示すタイムトゥヘヴンなど意外と無視はしづらい曲者が多いような…。さぁ、どうなるか。今週末も目一杯に競馬を楽しみましょう。(美浦調教班:前田智基)

ピースワンパラディ

長休明け4戦目そろそろ怖いピースワンパラディ(写真:右)

筆者:


姉妹紙「競友」のトラックマン

皐月賞「22万9700円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

皐月賞「22万9700円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2024年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 出走予定馬
  • 予想オッズ
  • 騎手
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定
  • 動画・写真
  • 優馬本紙の馬柱
  • 短評

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。