【天皇賞・春】逆転狙うアスクビクターモア “勝利への布石”は 現場で感じた「大きな変化」にあり!

調教班レポート
天皇賞(春)

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 3年ぶりとなる京都での天皇賞(春)。阪神開催とは違った好勝負が期待できそうだが、美浦からの注目馬は何と言っても新旧菊花賞馬の2頭となるだろう。

タイトルホルダー

昨年以上のデキで変則連覇へ挑むタイトルホルダー

 日経賞では明暗を分ける形となったが、その後の調整は“静と動”。それぞれ違った過程を踏んでの臨戦となる。前走で復活を果たした昨年の覇者タイトルホルダー(美浦:栗田徹厩舎)は泰然自若の構え。1週前にしっかりとした負荷をかけられると、直前は相手に合わせての馬なり調整。前走でも好仕上がりだったが、ここ2週も迫力満点の動きを見せており、心身ともに万全とも言える態勢での連覇に挑む形となる。

 

 前走で思わぬ大敗を喫したアスクビクターモア(美浦:田村厩舎)は1週前の調教が大きく先行させた僚馬を追い抜く形。折り合いに気をつかい3歳春から単走での調整のみだったが、変化を求めて意欲的な追い切りを敢行してきた。単走だった最終追いは集中した走りで、躍動感も十分。陣営の思惑にこたえるかのように良化している。

アスクビクターモア

アスクビクターモア 京都の外回りなら前を捕らえ切る可能性大!

 ライバルに騎乗した経験のある横山武騎手への乗り替わりも含めての勝負態勢。週末からの天候は気になるところだが、勝負手が吉とでれば逆転での戴冠は十分にあっていい。

筆者:


1975年東京都練馬区生まれ 1997年入社。美浦の時計班で、関東本紙予想を担当。予想の肝はあくまでも対戦比較。大学への通学で京王線を使っていて、東京競馬場に立ち寄ったのが、この世界に入るきっかけ。

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。