「距離と輸送は大丈夫?」 桜準Vシンハライトの不安材料を激論

優馬TM座談会
オークス

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

一角崩しも十分可能 逆転候補はコレ

デスク「人気が“1強”になるのか“2強”になるのかは微妙なところだけど、みんなの印を見渡しても“3番手争い”は混戦ムードだな」

守屋「◎を打ったのでけっして“3番手”だとは思ってませんが、僕は年明けのTMアンケートでオークス馬として挙げたデンコウアンジュに初志貫徹します。桜花賞では、直線でインを狙って前が壁、そこから馬場の真ん中まで持ち出してもまだ壁で、ほとんど満足に追えませんでした。この馬も距離が鍵となりますが、父がメイショウサムソンで、母の父が凱旋門賞馬マリエンバードなら大丈夫でしょう。阪神JFで見せたような気難しい面さえ出さなければ、チャンスはあります」

伊利「全馬が初距離の2400mとなるのに加え、テンから飛ばす馬も見当たらないので、ここはスローの瞬発力勝負になって、速い上がりが要求されると思います。デンコウアンジュがこれまで敗れたのは、直線に急坂のある阪神のみですし、メジャーエンブレムを差し切った東京で、僕も逆襲に期待したいですね」

須藤「そのメジャーエンブレムがNHKマイルCを勝ったということで、さらにアルテミスS勝ちの評価も高まった気がしますね。以降はチグハグな競馬が続いてしますが、一変しておかしくはないです」

清野デンコウアンジュの“アルテミスS後”は、体調も伴ってなかった印象を受けますし、“前が壁”に泣いた桜花賞にしても、道中の走りは良かったので、復調してきた可能性もありますよね」

持木「一週前のCWで抜群の動きを披露していますし、叩き良化タイプらしく状態が上がっていますね。東京なら前走の憂さも晴らせると思いますよ」

目黒「東京なら前走のような“カニ歩き”をしなくてもスムーズに大外へ持ち出せるはずですし、脚も余すことはないでしょうね。ただ、アルテミスSの時は太目の馬体で輸送してちょうど良くなったのに対し、今回は桜花賞の時点でかなり仕上った体つきでしたから、輸送で大幅な馬体減があるようだと、ちょっと心配です」

デンコウアンジュ

栗東のCWコースで最終追い切りを行ったデンコウアンジュ(撮影:日刊ゲンダイ)

西田「私は、エンジェルフェイスの逃げに期待します。他に行きたい馬もいるとは思いますが、ゲートセンスの良さは群を抜いていますからね。もちろん、前走のフラワーCも見事でしたが、より評価したいのは阪神外回りで淀みないラップを刻んだ2走前の未勝利勝ちです。後続にもスタミナを消耗させる形で、同じように広い東京でノビノビ走れば、怖い存在になりますよ」

「この馬も使おうと思えば使えた桜花賞をパスした形ですが、陣営が“オークスの方がチャンスあり”と踏んで、ここ一本に絞ったものです。“まだ超えないといけない課題が多い”とは言うものの、すでに前走で輸送をクリアしている点と、潜在能力の高さ、そしてリラックスしていていいコンディションで送り出せることからも、可能性はありそうですね。“先週(ストレイトガール)勝って、いい流れでオークスへ行けます”と、藤原英師も手応えありの様子でした」

デスク「あと、桜花賞3着のアットザシーサイドも、当然、逆転圏内だと思うんだが…」

広田「他の馬以上に距離延長が鍵となりそうですが、陣営は“走ってみないとわからない”と慎重な一方、“折り合い面を考えれば問題ないんじゃないか”とも見ているようです。馬体は、減っていた桜花賞から回復していますが、初の関東への長距離輸送で、戻った体が減らないかという不安も残りますね。強かった上位2頭に食い下がった桜花賞のパフォーマンスを見る限り、軽くは扱えませんが…」

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル