【セントウルS】エイシンスポッター「目標のスプリンターズSへ」“人馬の絆”を武器に勝利を掴む!

想定班レポート
セントウルS

弥生賞ディープ記念「45万2770円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 2022年の暮れに吉村厩舎の忘年会が3年ぶりに開催された。その席でエイシンスポッター(栗東:吉村厩舎)について調教師から角田大河騎手に「今後もずっと乗せることをオーナーも承認してくれた」と伝えられた。数日後のファイナルSでは後方待機からロスなく内を回って差し切る見事な勝利をあげたのは「乗り続けたことで瞬時に反応できることが分かったので、インにこだわって馬群を捌くレースプランを立てることができました」(同騎手)という馬への理解が大きかったからだろう。

エイシンスポッターとのコンビで重賞獲りへ!角田大河騎手

エイシンスポッターとのコンビで重賞獲りへ!角田大河騎手

 以前のトレセンでは「勝ち続ければ降ろされない」という野球の“アンリトゥンルール”のようなものがあったと記憶するが、近年は簡単に乗り替わることが半ば常識化している。今年の日本ダービーではダミアン・レーン騎手が69年ぶりにテン乗りで制したようにリーディング上位や外国人騎手への乗り替わりがプラスに働くことも多い。どちらが正しいということではないが、長いスパンで見ると乗せ続けることにも一理はある。

 8月に上梓された『公営競技史』(角川新書)で著者の古林英一氏は「競馬や競輪などの公営ギャンブルがバブル期に匹敵する売り上げをあげながら、かつてのようなファンでなくとも存在が知られるスターが不在であること」を指摘している。若手騎手にチャンスを与えることは将来のJRAを背負って立つ人材を育成するだけでなく、名コンビとしてのスターホースを世に知らしめることでも大きな意義があるといえるだろう。

エイシンスポッター

エイシンスポッターは若き鞍上と極上のキレ味を生かす

「もう仕上がっているのでジョッキーにはゴール前だけ追ってもらいました。馬体は大きくは変わっていないですけど、調子の波が少ないし、暑さも大丈夫です。展開が噛み合えば重賞でもチャンスがあると思いますよ」とは吉村師。当初、選択肢にあった北九州記念はCBC賞に続くジャスパークローネの逃げ切りだったので回避して大正解。今回も開幕週と粒揃いのメンバーで条件は決して楽ではないが、運を引き寄せた人馬が賞金を加算してスプリンターズSに駒を進めることを期待したい。

那谷明弘

筆者:


1970年神戸市生まれ。慶応大学文学部卒。95年入社。美浦で時計班として所属したのち、96年秋から栗東トレセンで取材を担当。夏の小倉出張は10年を越える。予想は「競走馬の強さはラップに現れる」、馬券は「血統と確率論の理解が必須」がモットー。

弥生賞ディープ記念「45万2770円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

弥生賞ディープ記念「45万2770円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。