本紙田崎はハンデ51キロ馬に◎ マーメイドS座談会

優馬TM座談会
マーメイドS

新潟で11万8950円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

あっと驚く本紙田崎の決断 裸同然の51キロに◎

デスク「昨年のこの場でも言った気がするが、このレースは当たった試しがないんだよな。全く印のない馬が平気で来るし、今年も何が来てもおかしくないだろ、田崎」

田崎「おっしゃるとおりですね。そもそも牝馬のハンデ重賞は何でもアリですが、このレースは特にその傾向が強いと思いますし、ハンデに目をつぶってでも信頼できる実績馬がいない今年は、積極的に狙う手かと。で、◎を打ったローズウィスパーは、準オープンの前走で7着に敗れましたが、外回り1800mで上がりの速い決着となっては展開的に仕方なく、適度に流れる内回り2000mなら見直せるのではないかと思います。加えて、何より51キロのハンデですからね。実際に、スローでも届いた2走前を見る限り、コースは合うはずですよ」

ローズウィスパー

格上挑戦での重賞制覇を目指すローズウィスパー(撮影:日刊ゲンダイ)

持木「僕は同じ51キロのバンゴールを狙ってみたいですね。条件戦とはいえパールSをステップにした馬が3連勝中ですし、京都よりも直線に坂のある阪神の方が向くタイプです。条件戦でもワンパンチ足りないところがある馬ですが、今回は軽ハンデでパンチ不足をカバーできる可能性があると見ます」

那谷「そのパールS組強し、に加えて、過去のこのレースで実績のある種牡馬の産駒が走る傾向もあるんだが、パールS組でこれに該当するのはバンゴールだけなんだよな。鞍上も昨年の勝ち星をすでに上回ってブレイク中の荻野極騎手。これまでの2000m戦は重賞も含めて3戦全てコンマ3秒差なら、一発があっても驚けないよ」

坂倉「前走はレース後のルメール騎手のコメントにもありましたが“渋太く脚を伸ばす馬なので、直線に坂のあるコースの方が向いているかも”と、陣営も振り返っていましたね。連対歴こそないとはいえ、過去の2000m戦では那谷さんの言う通り、レベルの高い走りを見せていますし、やはり51キロは魅力だと思いますよ」

守屋「紫苑S勝ちにオークス3着の実績を誇りながら人気を落としているビッシュですが、前走後はヴィクトリアマイルを目指していたものの、ダメージが残っていたのでムリをしかなった形。“昨年秋はトライアルから秋華賞、そしてJCとキツいローテーションを取ったので、その反動があったのかも…”と、鹿戸雄師は話していましたが、休ませたことですっかり疲労は回復したとのことです。“1週前はラスト11秒台が出たが、騎乗した福永騎手は『まだ余裕があった』と話していた。最終追いはやり過ぎないように気をつけたが、いい動きだったしいい雰囲気だよ”と、仕上がりに不安がない様子でした。55キロは他馬との比較で厳しいかもしれませんが、ここは力を見直す手もあると思いますね」

中邑「僕も狙いは軽ハンデ組なんですが、キンショーユキヒメが面白いと思います。こちらは重賞実績がないとはいえ、3歳の春には強豪牡馬とも接戦を演じていたほどで、牝馬同士で51キロ、そして今年のメンバーなら足りていいはずです」

デスク「そんなところで、どうせここまで名前の挙がらないもっと人気薄の馬を狙ってきそうな木谷は何を買うんだ?」

木谷「いえいえ、今回は極くんの重賞初制覇チャンスとみて、持木さんや那谷さんと一緒にバンゴールを狙ってみたいですね。荻野君の買い時はローカル開催で“極”めましたから大丈夫ですよ」

デスク「そ、そうなのか、参ったな…。実は俺もバンゴールなんだよ。先週の安田記念で木谷と◎が被ったレッドファルクスが、被ったから3着まで来たのか、それとも被ったから3着止まりだったのか、そのどちらかが今回でハッキリするんだろうな」

新潟で11万8950円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

新潟で11万8950円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル