「武豊ならできる」「武豊でも至難の業」 キセキに賛否の声

この馬GoodBad
天皇賞(春)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

キセキは「落ち着き十分の姿」がGood

調教班・栗東Cウッド担当 持木TM
「2週前にゲート再審査をパスした後は、坂路とウッドを併用しての調整。追い切りは全て単走ですが、落ち着き十分の姿を見せていますし、直前もラスト1ハロンは11秒8と、軽快なフットワークが目立っています。まだ海外遠征の疲れが完全に癒えていなかったここ2走と比べても、いい雰囲気の仕上りと言えますし、課題のスタートさえ決まれば間違いなく好勝負になりますね」

キセキは「ユタカマジック」がGood

栗東・角居厩舎担当 目黒TM
「致命的な出遅れから早目に脚を使う形となった前走については、着順も参考外と見ていいでしょう。“中間はゲート再審査もあり、いつもの調整よりはやることを詰め込むような形にはなりましたが、それでも普段はリラックスしてくれているし、稽古の動きも申し分ないです。今週の追い切り後の雰囲気もいいので、今の感じのままレースに臨めれば…という気持ちです”と話す小滝助手からは、“やることはやった感”が伝わってきましたし、菊花賞馬にとってそれ以来となる京都での2度の坂越えも、舞台に不安はないはずです。初騎乗となる盾男の“ユタカマジック”にも期待したいところですね」

キセキは「最上位と思える元々の能力」がGood

雌伏の時を越えてここが復活の場 板子TM
「中間の調教VTRなどを見ると、今回は馬自身にヤル気が感じられますね。菊花賞勝ちに、GIで再三の好走を演じてきた能力は、そもそも今回のメンバーでは最上位だと思いますし、フルに力を発揮できさえすれば菊の再現も可能と見ます。課題のスタートについても、前走のような大出遅れは別として、少々の出遅れならそれはそれで脚を溜めて運ぶこともできると思いますし、それができるジョッキーですからね。僕は復活に期待します」

キセキ

武豊を鞍上に迎えたキセキの復活はあるか(撮影:日刊ゲンダイ)

キセキは「父ルーラーシップの影」がBad

簡単に治る癖ではないかと… 吉田TM
「ゲート再試験をパスしたとはいえ、そこまで念入りなゲート練習を施しているわけでもないんですよ。そこで思い出すのが父のルーラーシップ。キャリア終盤に出遅れ癖が深刻化して、ラストランの有馬記念では記録的な大出遅れを喫したほどでした。その血が悪影響を与えている印象が否めませんし、出遅れをリカバーするだけの順応性も持ち合わせていませんからね。これほど気性的に難しくなってきた馬に、テン乗りというのは、いくらレジェンドでも乗りこなすのは至難の業という気がします」

キセキは「燃え尽きてしまったこと」がBad

俺にも言わせろ 編集・デスク
「この馬のピークは、2着だったけどアーモンドアイの驚異的なレコードを演出した4歳時のジャパンカップだったんじゃないかな。不良馬場での菊花賞勝ちから持久力に長けているように思われがちだが、あのジャパンカップで見せたスピードがこの馬の真骨頂であり、もしも復活Vがあるのなら、あの走りが蘇る時だと思うんだ。ただ、出遅れ癖もそうだが、今のこの馬があの当時の活気溢れる姿ではないことは確かで、ある程度燃え尽きてしまったと見るべきじゃないかな」

優馬プレミアム 事前登録受付中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

日本ダービー特集

2020年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル