ローテだけじゃない フィエールマンに新たな不安要素

この馬GoodBad
天皇賞(春)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

フィエールマンは「昨年と遜色のない仕上り」がGood

調教班・美浦Dウッド担当 武井TM
「いつもより時間をかけて乗り込まれて、ここ3週は好時計をマーク。動きは迫力満点で、同じ休み明けでも、凱旋門賞を見据えた仕上げだった札幌記念時や、帰国後の有馬記念時よりも状態は明らかに上です。毎週のように好時計を出していた昨春の天皇賞時と比べても遜色のない仕上りですから、連覇へ向けて視界は良好と言えますね」

フィエールマンは「最大のライバル不在」がGood

美浦・手塚厩舎担当 久光TM
「当初からここ一本と決めて臨む一戦だけに、手塚師からも“海外帰りの前走時より確実に良いし、もっと言えば昨年勝った時よりも自信が持てるくらい。体幹が強くなり、馬体自体に成長も感じられるからね”と、悪い話は一切聞こえてきません。ブロック制の拡大による輸送の懸念もありましたが、幸いにして他厩舎とともに昨年同様の金曜出発で臨めたことにも、安堵の表情を見せていました。昨年は2着馬と激戦を演じ、後続には6馬身もの差。その2着馬グローリーヴェイズが暮れの香港でぶっちぎり勝ちを収め、今回は不在なのであれば、期待は当然高まりますね」

フィエールマンは「鞍上の意のままに動けるセンス」がGood

最終ジャッジは俺に任せろ 本紙担当・須藤TM
「2着をちぎって勝つことがなく絶対的な強さを感じさせない上に、生粋のステイヤーというわけでもない馬ですが、それでいて長距離GIを2勝しているのは、鞍上の意のままに動けるセンスの良さと、陣営のレース選択の巧さによる賜物でしょうね。不安があるとすれば、これまで勝った時のようなスローの瞬発力勝負ではなく、タフな馬場とペースで持久力勝負になった時でしょうが、国内で先着を許した馬が不在という組み合わせを考えても◎は譲れませんね」

フィエールマン

おなじみの休み明けフィエールマンだが不安要素は他にも(撮影:日刊ゲンダイ)

フィエールマンは「有馬から直行のローテーション」がBad

過去を振り返れば危険極まりない人気馬 佐藤直TM
「まずはローテーションだな。これまで休み明けでも結果を出しているとはいえ、今までで一番長い4ヶ月余の休み明け。しかも、有馬記念からの直行というのは、全盛時のサクラローレルもマヤノトップガンに差し切られたように、そうやさしいものではないんだよ。そういった向かい風を克服するほどステイヤーとしての凄味があるわけでもないし、明らかに今の京都では不利な大外枠もアダとなりそうだな」

フィエールマンは「大外枠からの立ち回りの難しさ」がBad

Badコメントは俺に任せろ 編集・木谷
「僕はゴール前で末脚が鈍った前走の有馬記念のレースぶりが気になりますね。スタートもやや立ち遅れて、力むような面を見せていたのも気がかりですし、本質的に2000m~2400mに適性があると思います。今回のメンバー構成から、長距離戦とはいえこの馬の得意とする瞬発力勝負にはならない気もしますし、鬼門と呼ばれる大外枠を引いたことで、展開的に立ち回りも難しくなってしまいましたしね。正直、連覇は厳しいのではないでしょうか」

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル