穴党も◎のメジャーエンブレムで鉄板? 少女たちの戦い阪神JFをオッサンどもが激論

【激論!優馬TM座談会】
来春の桜花賞と同じ阪神マイルで行われる阪神ジュべナイルフィリーズ。2歳牝馬のチャンピオンを決める戦いだが、ウオッカ、ブエナビスタなど希代の女傑が第一歩を記した舞台でもある。今年もここから大物が育つのか。優馬TM陣が激論を戦わせ、馬券も披露する。

優馬TM座談会
阪神ジュベナイルフィリーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デンコウVSエンブレム アルテミスSの再戦ムード?

デスク「東ではアルテミスS、西ではファンタジーSが一応のステップレースとなっているけど、その組が直結しない傾向もあるし、昨年のショウナンアデラもそうだったように500万を勝ったばかりの馬でも足りる一戦。何を信じるかが鍵となるだろうな」

佐藤直「まあ、今年に限れば、条件戦を含めた前哨戦で最もレベルが高かったのはアルテミスSだよ。そこで2着とはいえ、一番強い競馬をしているメジャーエンブレムが抜けた存在だと思うけどな」

坂倉「途中から押し出されるようにハナへ立って、直線では完全に抜け出す形。目標になった分だけ差されましたが、内容は本当に勝ちに等しいと言えますね。ゴチャつきやすいフルゲートだけに、好位でソツなく運べる点も有利だと思います」

デスク「本紙田崎も断然の存在と見ての◎なんだな」

田崎「いえ、けっして抜けた存在とまでは言えないんですが、完成度で一歩リードしている印象を受けますね。前走と同じ競馬では厳しいと思いますが、前に壁を作って運ぶことができれば、最も信頼できる馬となるでしょうね」

小野智「田村師は“やればやるだけ動くから、追い切りは引っ張るのが大変なんだ。物凄いエンジンを積んだ馬だよ”と目を丸くしてましたね。前走が掛かり気味だったこともあって、折り合いに特化した調教を消化してきたことが、ここで実を結ぶはずですよ」

山崎「その調教ですが、コースに入れるパターンを工夫するなどしているんですよ。結果、馬の後ろでムキにならず走れているようで“気持ちと自身のパワーをうまくコントロールできている”とのことです。力任せでは押し切れなかった前走も、課題や修正点が見つかったという意味で、敗れたことがプラスに転じそうですね」

メジャーエンブレム

前走2着も内容は勝ちに等しかったメジャーエンブレム(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「今回驚いたのは、こんな人気馬に編集長が◎を打っていることなんだ。なんか熱でもあるのか?」

上田「ないよ。アルテミスSで掲示板に載った他の4頭は、4コーナーの位置取りが9番手以降なんだ。その展開を、ただ一頭だけ正攻法の競馬だったんだから、メジャーエンブレムに逆らえるわけがないだろうに。しかもクビ差2着で、3着に1馬身半差をつけたんだったら、何らかの不利的状況があっても馬券圏内は間違いないだろうね」

デスク「ただ、このレースの近年のイメージは、後方からの差し・追い込みが決まるパターン。別に編集長が◎を打ったから言うわけではないんだが、メジャーエンブレムは、そのイメージにあてはまらないんだよな」

須藤「僕もメジャーエンブレムはかなり強い馬だと思っているんですが、それを大外一気に差し切ったデンコウアンジュも、当然“かなり強い”と見るべきです。展開がハマったことは確かでしょうが、今回仮にメジャーが控えたとしても、人気を背負っているぶん早目に動くはずですし、再度の差し切りもあっていいですよね」

武井デンコウアンジュのデビュー戦は、勝ち馬にぶつけられてバカついたもの。2戦目も勝ったとはいえ、直線で頭を上げるなど気の悪さを見せていたように、力を出し切ったものではないんです。それを考えれば、本領発揮の前走をフロック視できませんよね。メジャーエンブレムのラスト2ハロンが22秒3で、全然止まったわけではないんですから、これを差し切ったのは驚異的です。まだ馬群に入ると不安もある馬ですが、幸いにして外枠も引けたなら、前走を再現してくれるはずですよ」

デスク「でも、前走がマイナス18キロの馬体重だったよな。さらに細くなる心配はないのかな?」

目黒「それまでの2戦が絞り切れていなかっただけのことで、前走くらいの馬体が丁度いいようですね。まあ、すぐに太りやすい体質らしいので、逆に当日に大幅な馬体増があれば割り引いた方がいいと思いますが」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル