問題児ゴールドシップは「1着か着外」 優馬トラックマンによる有馬記念トークバトル

【激論!優馬TM座談会】
いよいよオーラスの有馬記念。ショウナンパンドラの直前回避は残念だが、それでも豪華メンバーが揃い、ドリームレースの名に恥じない一戦となった。この一年の様々な思いをぶつけて挑む優馬TM陣。当然ながら、座談会も予定時間をオーバーしてヒートアップ。

優馬TM座談会
有馬記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古馬の頂点に立つラブリーデイに 挑む菊よりの刺客

デスク「この秋の古馬王道路線を歩んできた馬に、新興勢力、そして3歳馬と。ここが引退レースとなるゴールドシップの取捨も含めて、みんな頭を悩ませられたと思うが、本紙武井はラブリーデイで来たか」

武井「中山金杯での初重賞制覇に始まって、今年はラブリーデイの年、と言っていいでしょう。前走のジャパンCにしても、早目に動く形で外と内からの強襲に屈したもので、力負けではありませんし、器用さと一瞬の加速力に優れるタイプですから、中山2500mという舞台も戦いやすいはずです。巻き返し必至だと思いますね」

田崎「僕はJCでは違う馬に◎を打ちましたが、やっぱりラブリーデイには、負けて強しの感を受けましたね。今回はこれ以上のない好枠も引けましたし、立ち回りの巧さが生きる舞台ですから軸は不動でしょう」

守屋「JCで2着のラストインパクトは、インをついたムーア騎手の“神騎乗”によるものでしたし、ショウナンパンドラの回避も追い風です。勝てばモーリスとの激しい年度代表馬争いとなるでしょうが、そこにも注目したいですね」

那谷「JCでの早仕掛けについては、“白い馬体が視界に入って、マクられる!と思って少し早目に追い出す形になってしまった”と、川田騎手が振り返るように、ゴールドシップの仕掛けに反応してしまったことが敗因の第一だろうな。秋4戦目になる点も“とにかくタフで、デキは高いレベルで安定している”と、担当の山元助手が言うように状態の不安もなく、今回のメンバーでは最も崩れることが考えにくいと思うし、担当が4頭もいて◎は本当に悩んだんだけど、2枠4番を引き当てた時点で迷いもなくなったよ」

久光「僕はラブリーデイの追い切りが、この秋で最もピンと来なかったんですよ。ショウナンパンドラの回避もそうですが、やはり秋4戦目には不安が先立ちます。JCが強い内容だっただけに、なおさらですね」

ラブリーデイ

この秋4戦目となるラブリーデイ(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「まあ、久光の言うような不安を持っている者も多いから、◎や○がズラーっと並ぶ、ということにはならなかったんだと思うが、印の重さで互角と言えるのがリアファルだな」

桜井「菊花賞は後続に次々とプレッシャーをかけられる、かなり厳しい展開でした。それでいて、あの着差に粘っているんですから、“一番強い”競馬をしていますよ。一線級の古馬とは未対決ですが、未知の魅力に賭けてみたいですね」

須藤「その菊花賞では、控える形や馬込みも平気ということがわかりましたからね。そういう器用さを身に付けたなら、中山2500mもピッタリでしょうし、僕は現在の古馬の中~長距離路線が昨年ほどのハイレベルではないと見ているので、チャンス十分だと思います」

佐藤直「まあ、リアファルは控える形でもいいと思うけど、同型不在の今年のメンバーなら、スンナリ先手を取っていいと思うぞ。ダイワスカーレット以来の逃げ切りが見られるんじゃないか」

小島「他に行きそうな馬もいませんし、僕もハナへ行ってほしいと願っています。古馬との比較に関しても、この馬にはまだまだ伸びしろがありますから、ここに入っても何ら見劣りはしませんよ」

瀬古「陣営から作戦についての明言こそありませんでしたが、ルメール騎手の“スタートの速い馬”というコメントからも、確たる逃げ馬のいない今年は、レースの主導権を握る可能性は高いですし、そうなれば菊花賞とは違って自分のリズムで運べるはずですね」

デスク「そんなリアファル人気はわかるとしても、勝ったキタサンブラックに誰も◎がいないとはな」

守屋「機動力と自在性、そして距離短縮も中山へのコース替わりも大歓迎ですから、僕はキタサンブラックが◎ラブリーデイの相手本線と見てますが」

小桧山「ローテーション的に、JC組より菊花賞からの直行組の方が有利だということは、過去を振り返ってみればわかることだし、三冠の王道路線を歩んだキタサンブラックがここで勝ち負けして何の不思議もないよ。それ以上に魅力的な馬がいるから印は○にとどめたけど、誰もいないならこっちにしとけば良かったかな」

デスク「ただ、これまた菊花賞が“神騎乗”だった北村宏騎手が怪我で乗れなくなったのは痛いよな」

「鞍上については“あれだけのジョッキーですから、経験や実績からも心配はしてません。中山は庭みたいなもんでしょう”と、陣営からは不安など全く伝わってきませんわ。菊花賞がロスのない最高の立ち回りやったことは確かやけど“どこからでも、どんな競馬でもできる馬”やから、中山2500mでもセンスの良さを生かせると思います」

キタサンブラック

「中山は庭」と陣営も豪語するキタサンブラック(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル