ポイントはジョッキーの本気度! 継続騎乗から福島牝馬Sを攻略

重賞データ攻略
福島牝馬S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ローカルの牝馬限定重賞という位置付けだが、小回りの1800mに加えてヴィクトリアマイルの前哨戦でもある。昨年は5着のミナレットが本番でも超大穴をあけたが…。

圧倒的な中山牝馬S組

 2011年は新潟での開催となった福島牝馬Sだが、一貫して強いのが前走・中山牝馬S組。過去10年の前走別成績を見ると、

前走別成績(過去10年)
中山牝馬S〔8.6.4.45〕
愛知杯〔1.0.0.6〕
阪神牝馬S〔0.1.0.9〕
京都牝馬S〔0.0.2.1〕
OP特別〔0.1.0.12〕
1600万〔0.0.4.23〕
1000万〔1.2.0.17〕

 昨年の勝ち馬こそ、中山牝馬Sを取り消した馬だったが、過去10年で6回もワンツー決着があるように、中心はこの組。同じ右回りで1800m戦だから関連度が高いのも不思議ではない。

 意外と1600万でも負けているような格下馬にもチャンスがあるレースではあるが、今年は全出走馬がオープンクラスということにも注意しておきたい。

乗り替わりの有無がポイント

 福島開催に戻った近4年では乗り替わりのなかった馬が〔4.3.0.15〕という成績に対して、乗り替わりがあった馬が〔0.1.4.36〕。展開に左右されやすい3着はともかく、連対馬に関しては福島まで乗りに来るジョッキーの本気度を評価したい。

 今回、継続騎乗となる馬は以下の5頭。

メイショウスザンナ(大野J) 前走・中山牝馬S 3着
ハピネスダンサー(吉田隼J) 前走・中山牝馬S 5着
フレイムコード(菱田J) 前走・中山牝馬S 9着
キャットコイン(柴山雄J) 前走・中山牝馬S 11着
シャルール(横山典J) 前走・初音S 1着

 メイショウスザンナは昨年の当レース3着馬。右回りのコーナー4つの重賞では〔1.1.2.0〕と抜群の安定感がある。ハピネスダンサーは近2走とも重賞で0.2秒差。吉田隼Jとの相性も悪くない。フレイムコードキャットコインは中山牝馬Sでの着順こそ悪いが、着差は0.3秒差と0.4秒差。巻き返す余地は十分だろう。

 3連勝中のシャルールは前走で手綱を取って快勝した横山典Jが引き続き騎乗。勝負になると名手がジャッジしたからこその遠征とみた。

シャルール

3連勝中シャルールの鞍上は前走に続き横山典騎手(撮影:日刊ゲンダイ)

結論

メイショウスザンナ
ハピネスダンサー
フレイムコード
キャットコイン
シャルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 想定単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬@ソーシャル