「マジでいい」 皐月賞ジョッキー・蛯名が絶賛する逸材

優馬TM座談会
フローラS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

またもVピサ牝馬の大物出現?

デスク「以前は、桜花賞からここを使ってオークスへ、という馬もいたんだけど、桜花賞から中1週で組まれるようになってからは、ほとんど見なくなったな」

佐藤直「5年前には、1番人気のダンスファンタジアがそのローテーションで飛んじゃったけど、そもそも近年で前走が1600m戦だった馬が全く来ていないレースなんだよ。今年もそういう“お客さん”が何頭かいるけど、◎はパールコードでしょうがないだろ。前走のミモザ賞は、4角手前から先頭に立っての完勝だから、これは着差以上の強さ。勝って、オークスではヴィクトワールピサ産駒のワンツー、なんてシーンもあるかもな」

加茂「前走についてはホンマ“横綱相撲”ちゅう感じ。長距離輸送や、馬の後ろで我慢させるなどの課題をアッサリとクリアしたんやから、大したモンですわ。センスがあるから、展開に注文も付かへんしな」

デスク「まあ、パールコードが1番人気になると俺は思っているんだが、TMの◎が一番多いのはフロンテアクイーンなんだよな」

久光「堅実な末脚が魅力の馬ですし、2000mは初めてとなりますが、自身のスタートの遅さや、父がメイショウサムソンであることからもマイナスとは思えませんね。クイーンCの内容から、時計勝負も望むところでしょうし、賞金を持ちながら桜花賞をパスしたローテーションにも好感が持てますね」

小島フロンテアクイーンは僕の担当厩舎ではないんですが、その桜花賞をパスしたこと自体、陣営が“距離が延びていい”と判断している証拠でしょう。この中間も、馬体に幅が出て成長を感じますし、まだまだ良くなる馬だと思います」

小野智「“ここ3週跨がっているが、以前のこの馬とは全くの別馬、マジでいい動き“と、蛯名騎手のコメントも急上昇していますよ。“人気が被らないここが狙い目だよ“とまで付け加えるんですから、本物でしょうね」

守屋「その蛯名騎手のコメントは国枝師の耳にも入ったようで“皐月賞を勝って上機嫌だったからかもしれないな”なんて笑ってましたが、“前走でマイルではメジャーエンブレムに敵わないと思ったから、オークス目標に切り替えたんだ。デビューからコンスタントに使ってきたから、いい休養にもなったし、確実に馬が良くなっているよ”と。結果的にメジャーは桜花賞で負けましたが、3着馬が忘れな草賞を快勝したように、やはりクイーンCのレベル自体が高いと見ていいはずです」

フロンテアクイーン

蛯名騎手もその成長を感じているフロンテアクイーン(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「同じように桜花賞をパスしたと言えば、トライアルのアネモネSを勝ったチェッキーノもそうだよな」

馬場「こちらは、距離適性ではなく疲れが出たために回避したんですが、早めにここへ目標を切り替えたものです。落ち着きがあって、前走を見てもわかるように我慢も利く馬ですし、調教を付けている杉原騎手も“距離は大丈夫です”と言ってましたよ」

上田「過去3戦全てで上がり最速、というのは魅力だね。2勝はともに中山だけど、直線の長い東京でこそのタイプだと思うよ」

大江原「デビュー戦こそ素質だけで走っての2着だったけど、良血馬が軌道に乗ってきた感じだよな。混戦向きの勝負強さもあるし、能力を引き出せる鞍上の手腕にも期待したいよ」

西田「2戦2勝と底を見せていないビッシュですが、前走は1週前のフラワーCを上回る時計ですし、距離も延びるほど良さそうなタイプです。舞台替わりも好転ですから、このメンバーでも勝負になると思いますよ」

守屋「鹿戸雄師は“小さい馬でなかなか体も増えないんだが、前走くらいの数字で出走できると思う。もちろん、まだ100%の体ではないけど、センスがあって上を目指せる器だから、この相手でも頑張ってほしいね”と、期待を寄せてました。まだ粗削りな面はありますが、新馬を重馬場で勝っている馬ですから、雨で馬場が渋れば、とも思ってたんですが、日曜の傘マークが消えちゃいましたね…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル