どこから万券を狙う? 混戦マーメイドSをTM陣が激論

優馬TM座談会
マーメイドS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本紙田崎の大胆ジャッジに要注目 マーメイドS

デスク「これまた個人的な感想で申し訳ないんだが、マーメイドSって当たった試しがないんだよな(泣)。今年もまた、何が来ても不思議はないようなメンバー構成だし…」

中邑「ただ、ここ数年はヒモが狂って波乱とはなっているとはいえ、1番人気馬が馬券になっていますからね。ここはトップハンデ56キロを背負いますが、ハンデキャッパーも認める実力馬シュンドルボンが、連軸として信頼できると思います。前走のヴィクトリアマイルは、大外枠から流れに乗れなったものですし、ルージュバックに競り勝つという堂々たる内容だった2走前の強さを見直すべきです。ベストは1800mという馬ですが、2000mも十分守備範囲だと思いますね」

西田「前走でうまく流れに乗れなかったのは、久々のマイル戦だったということもありますし、直線でも脚は使えたシーンは僅かでしたから、競馬に参加できなかった参考外の一戦と見ていいですね。今回はトップハンデとなりますが、それだけメンバーが手薄ということですから、私も本領発揮に期待しています」

シュンドルボン

トップハンデを背負うシュンドルボン(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「何が来るか、以前に、何が人気になるのかもわからんメンバーだが、一応はナムラアンも上位の一角となるよな」

桜井「重賞実績こそありませんが、前走が牡馬相手にオープン勝ちですから、牝馬GIII勝ちくらいのレベルと同等に扱っていいと思います。その前走は逃げ切りでしたけど、もともと自在性があって、どんな流れにも対応できるという強味もありますよ」

「ちょっと天気が気になるところですが、ナムラアンは稍重で2戦2勝の実績もあるように、少々の渋った馬場ならむしろプラスと言えそうですしね」

田崎「ただ、どうなんでしょうかねぇ。シュンドルボンにしてもナムラアンにしても、ベストは1800mの馬だと思うんですよ。実力は認めますが、ハンデも背負わされるだけに、人気になるほどの信頼はできないんじゃないでしょうか」

デスク「今気づいたんだが、本紙田崎はその2頭を△に印を落としただけじゃなく、目も取っていないんだな」

田崎「別に“要らない”という意味ではないんですが、それ以上に気になる馬も沢山いたんで、回せなかったということです。で、◎はリラヴァティとしました。前走のように自分のリズムで先行できると渋太い馬ですし、こちらは内回り2000mがベストの条件ですからね。重賞でも度々好走していながら、53キロというハンデも恵まれたと思います」

吉田リラヴァティの前走は、展開に恵まれたようにも見えますけど、同じ週のオープン特別をコンマ7秒も上回ったもの。そして、そのオープン特別の勝ち馬がナムラアンやったら、どう考えてもこっちの方が上ですやろ」

瀬古「陣営によると“一頃不安定だったゲートが改善されて、自分の形で運べるようになった”ことで、前走のような最後に差し返す渋太さが発揮できるようになったようです。ここは先行馬も揃っていますが、要は自分のリズムで走れば問題がないので、行きたい馬がいれば、3、4番手あたりでも力は出せそうですね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル