成長したのはスワーヴかムーヴか… TM人気も真っ二つ共同通信杯

日曜東京では、3歳のGIII共同通信杯が開催。昨年も勝ち馬ディーマジェスティが皐月賞を制したように、近年はクラシックとの結びつきが非常に強くなっているレースだが、今年も素質馬が集結し盛り上がりを見せている。優馬TM(トラックマン)陣のトークバトルも俄然ヒートアップだ。

優馬TM座談会
共同通信杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同舞台の東スポ杯で2・3着 スワーヴ&ムーヴで人気二分

デスク「過去5年の勝ち馬から3頭の皐月賞馬が出て、おととしの2着も二冠馬ドゥラメンテと、すっかりクラシックへの登竜門となっている感を受けるレースだけど、今年は同じ舞台の東京スポーツ杯2歳Sの好走組が人気を分けそうだな」

守屋「先日のTMアンケートで、僕は皐月賞馬ではなくダービー馬としてスワーヴリチャードを挙げたんですが、東スポ杯は初の左回りで、直線でも左右にフラつくところがあったにもかかわらず、一旦は抜け出しかけて先頭のシーン。最後はブレスジャーニーの末脚に屈しましたが、能力の高さを見せ付けた一戦でもありました。学習能力が高いので、コース2度目ならフラフラ走ることもないハズで、調教も大きく先行した僚馬に馬なりで並びかけ、まだ余力十分にアッサリ先着と、仕上がりの良さや迫力は十分伝わってきました。まだまだ混沌としているクラシック戦線で、勝って候補に名乗りを挙げて欲しいですね」

坂倉「その東スポ杯でタイム差がなかったムーヴザワールドとは、甲乙つけ難いところもありますが、スワーヴリチャードがそういった幼さを見せながらの競馬だったという点で、より伸びしろも見込めるのではないでしょうか」

武井スワーヴリチャードの前走は後方からの競馬となりましたが、新馬戦では馬群の中でも競馬ができていましたし、もう一列前の位置で脚を溜められれば、たとえスローになっても差し切れると思いますね」

佐藤直「先週の東京新聞杯ほどではないにしろ、頭数とメンバーを考えればスローペースは必至だと思うけど、距離が1800mである点と3歳馬同士の戦いということもあってか、このレースではスローでも先行馬同士の決着にならないんだよ。スワーヴリチャードは、体もひと回り成長して調教の内容も濃くなっているし、ここは素直に◎でいいだろ」

広田「担当の久保淳助手も“一息入れて馬体に実が入ってきた。きっちり態勢は整っている”と仕上げに自信を見せています。再度の東京1800mで能力全開なら、どんな展開になっても勝ち負けになるはずですよ」

スワーヴリチャード

追い切りでも軽快な動きを見せたスワーヴリチャード(左)(撮影:日刊ゲンダイ)

西田「さっき、坂倉さんから“伸びしろはスワーヴの方が上”という話が出ましたが、ムーヴザワールドの東スポ杯がキャリア1戦で臨んだものだったことを考えれば、私はこちらの伸びしろの方が大きいと思うんですけど…」

小野智「私も、そう思います。そもそも同タイムなら逆転も普通に考えられますし、レース運びの上手さという点でも、ムーヴザワールドの方が上回っている気がします。レースリプレイを何度も観たという戸崎圭騎手も“勝ちを意識して結果を出します”と、強気でしたよ」

馬場「東スポ杯は、勝ち馬が3戦、2着馬が2戦、そしてムーヴザワールドが1戦というキャリアがそっくり着順に出ただけで、なおかつタイム差がなかったのなら、一番強いのは当然ムーヴと考えるべきでしょう。経験を積んだことで、今度は着順も逆転できるはずです」

大江原ムーヴザワールドの前走については、勝ち馬との差にしても、自身が先に勝ちに動いた分の差だと思うぞ。クラシックを意識できる血統背景で、将来性という点でも、コレが一番だろうな」

瀬古ムーヴザワールドは、調教内容でも過去2戦より明らかに負荷をかけられている印象を受けますね。先週のきさらぎ賞にも登録しましたが、当初からの予定はこちら。まだエンジンの掛かりが遅い面があり、直線の長い東京コースが合うとの判断での選択でしょう。“ここで確実に賞金を加算しておきたい”という陣営の思惑通りの結果となる可能性も高いと見ます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル