レイデオロはランク外! 日本ダービー、好調教はこの5頭

ダービー出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。精鋭18頭がいよいよダービーへ。2014年に生まれた7015頭の頂点に輝くのは…? 各馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

調教BEST5
日本ダービー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第5位 カデナ

13)カデナ
牡3 (栗)中竹和也
[好気配]助手24日栗CW良
(6)82.5 – 66.0 – 50.8 – 37.9 – 12.2 (9)一杯先着
気配…A 動き…A 総合評価…87点
追ってから渋太く先着。力強さは十分で前走以上。

この中間からCWコースで長めからの追い切りを取り入れた。最終追いでもシッカリと負荷を掛けられて体調の良さをアピール。出走メンバーの中では小柄な方だが、重心の低い安定感のある走りで首の使い方も良い。ダービーを目標に仕上がりは万全。

中竹師「しっかり追う様に、と指示。ダービーでピークを迎えられるように仕上げた。」

パドックここをCHECK→皐月賞時はマイナス8キロで見た目にも細く映った。追い切り後の馬体重が2走前と同じ460キロまで戻っており、本番で維持できているかが鍵に。

カデナ

最終追い切りをCWコースで行ったカデナ(撮影:日刊ゲンダイ)

第4位 サトノアーサー

6)サトノアーサー
牡3 (栗)池江泰寿
[好気配]川田24日栗CW良
52.8 – 38.2 – 11.6 (7)馬也先着
気配…A 動き…A 総合評価…90点
大きなフットワークながら動きも鋭い。仕上がりは万全。

前走から間隔が開いている分、じっくりと乗り込まれてきた。最終追いは一杯に追われたトーセンレーヴ(古馬OP)と併せてあっさりと4馬身突き離す圧巻のパフォーマンス。まだ成長途上なのは認めるが、スピードの乗りは文句なしで大きなフットワークは東京コース向き。順調に良化してきた。

池江寿師「前週より明らかに良くなっているし、上昇カーブを描いた状態で送り出せるよ。」

パドックここをCHECK→気性面に不安はない馬だが、今回が初の関東遠征。大幅な馬体減やイレ込みに注意したい。

サトノアーサー

併せた馬を最後は4馬身突き離したサトノアーサー(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル