スワーヴは5位、武豊キタサンの順位は? 有馬記念・調教BEST5

競馬専門紙「優馬」プレゼンツ『調教BEST5』。有馬記念出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。ラストランとなるキタサンブラックの状態は如何に?各馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

調教BEST5
有馬記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第5位 スワーヴリチャード

14)スワーヴリチャード
牡3 (栗)庄野靖志
[好気配]Mデムー20日栗CW良
(6)80.4 – 64.5 – 50.2 – 37.2 – 12.0 (4)馬也先着
気配…A 動き…A 総合評価…88点
パワフルかつ軽快な動き。充実振り目立ち、好仕上がり。

馬場の真ん中を通ったにしても6F80秒4は優秀。シャープな脚捌きに力強さも加わって、前走から間隔はあいたが文句のない仕上がり。注文を付けるなら、直線に向いてから手前を替えるまでが少し遅い点。それが中山コースでどう出るか。ただ、手前を替えてからの伸びは素晴らしく、動き自体は皐月賞時とはまるで別物。

M.デムーロ騎手「火曜・水曜と跨りましたが、落ち着いていますし状態は良いですね。手前も上手に替えていましたし楽しみ。」

パドックここをCHECK→調教後の馬体重が524キロ(前走時502キロ)だが、今が成長期。当日が馬体増であったとしても、むしろプラスだろう。あとは前走同様、軽快に歩けていればOK。

スワーヴリチャード

併走馬をあっさりと突き放したスワーヴリチャード(撮影:日刊ゲンダイ)

第4位 シュヴァルグラン

10)シュヴァルグラン
牡5 (栗)友道康夫
[好気配]助手20日栗坂良(1回)
54.0 – 39.5 – 25.8 – 12.9 一杯先着
気配…A 動き…A 総合評価…89点
前走後も至って順調。最終追いで先着と好調キープ。

最終追いは坂路で反応良く先着。元々は調教で動かないタイプだが、これだけ動けているのは評価できる。今年に入り、坂路追いの頻度が増えて時計も出るようになったのは成長の証。ハーツクライ産駒らしい奥手の血統が開花した。大きな上積みはないが、そもそも前走が抜群のデキ。それをキープできている。

大江助手「前走後は良い意味で安定しています。今週の追い切りもしっかり動けていましたし好レースを期待しています。」

パドックここをCHECK→成長と共に以前よりも馬体の輪郭がハッキリしてきた。長距離輸送や気性面に不安材料は少なく、後肢の力強い踏み込みが好走のポイント。

シュヴァルグラン

最終追い切りを坂路で順調に消化したシュヴァルグラン(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル