サトノダイヤモンド復活へ 厩舎担当が断言「今回は買い」

優馬TM座談会
京都大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サトノかシュヴァルか人気二分 本紙中邑は復活劇に期待

デスク「GI馬2強の一角崩しがあるかという期待もかかっていたパフォーマプロミスが、金曜に出走を取り消したことで、ここはサトノダイヤモンドシュヴァルグランで一騎討ちの様相を呈しているな」

中邑「僕はサトノダイヤモンドの復活に期待しました。春はフランス遠征帰りの影響で、本来のデキに戻っていなかった印象で、GI2戦に関しては流れにも乗り切れていなかったものです。今回は調教の動きから立て直した効果が感じられますし、4戦3勝と相性の良い京都コースに替わる点もプラス材料だと思いますね」

須藤サトノダイヤモンドの前走、宝塚記念は、最後に止まったとはいえ、一旦は先頭に並びかけた内容は悪くなかったと思います。今年の3戦は距離不足と見ることもできますし、ゆったり流れる2400mなら変わっていいはずです」

吉田「ですよね。同じ着外でも、宝塚記念は大阪杯とは違って無敵を誇った頃のイメージに近い走りで、むしろ3着だった金鯱賞よりも内容は上だったんやないかと。調教内容からも、今回は前走以上の状態で出走できそうですし、ならば前走と同じ競馬になっても全く違う伸びを見せてくれるんやないかと思いますわ」

市場「少なくとも、この春3戦の時と比べて、体もスッキリして調教の動きが軽くなってますよね。さすが、というところを見せながらも、どこか単発だった春とは違う姿を見せてくれるはずですよ」

デスク「この馬に関しては、厩舎担当の那谷に最終ジャッジを委ねたいな」

那谷「結論を一言で言うなら“買い”だよ。まずは、この馬に関わっているほとんどの人が“春より動きも状態もいい。雰囲気が良かった頃に近づいてきている”と口を揃えているし、みんなの評価も高い宝塚記念の内容については“いい頃ならあの形でも3着くらいには粘れた”と、池江寿師は辛口だったけど、個人的には自分から走る気を見せたという点で復調の兆しはあったと思うからな」

デスク「今回はルメールから大阪杯と同じように鞍上も替わるわけだが、その点についてはどうなんだ?」

那谷「今回から新コンビとなる川田騎手は、追い切りだけでなく時間の許す限り普段の稽古でも跨ってコンタクトを取っているんだ。特に癖がなく“優等生”とも形容される馬なので、テン乗り自体に不安があるわけではないよ」

サトノダイヤモンド

川田騎手が最終追いにも跨ったサトノダイヤモンド(最奥)(撮影:日刊ゲンダイ)

桜井「ただ、僕はシュヴァルグランの、2400m以上の長距離における無類の安定ぶりの方を買いたいですね。すでに今年一杯での引退が決まっていますし、久々でもそれ相応の仕上げだと思いますよ」

「帰厩後の乗り始めはいつも線の細さが目立って心配をさせるタイプですが、やっと先週あたりからその体のラインの不満が解消されつつあります。あくまで叩き台のここは、中身も満足できるのが次走以降となるのも当然ですが、これならと思わせる気配ですね。悪くさえなければこの馬から入るのが妥当ではないでしょうか」

須藤「僕もシュヴァルグランは、調教でアオられたりしてましたが坂路で動くタイプではないので、問題なく順調に仕上っていると見ています。ただ、目標は次のジャパンCで、ジョッキーもおそらく代打かと。同じ休み明けで昨年も3着に敗れたことを考えても、過信は禁物だと思いますが」

田崎「昨年のシュヴァルグランは、後方から大外を回るかなりロスの大きい競馬で、それでいて少差の3着ならむしろ舞台適性を示す走りだったと思いますね。昨年のジャパンCや春の天皇賞のように、正攻法で運べば、まず崩れることはないはずです」

広田「その春の天皇賞については“予定よりも早く先頭に立った分、ゴール寸前で勝ち馬の一瞬のキレに屈した”と、陣営も負けて強しをアピールしてましたよ。長く渋太く脚を使うタイプだけに、瞬発力勝負になるよりも淀みのない流れで少し上がりのかかる展開が理想の馬とはいえ、自在性が増してどんな流れにも対応できる強味がありますからね。入念に乗り込んで、メリハリのある調教メニューも消化してきましたし、僕は目標のジャパンCへ向けて、勝って好スタートを切れると見ています」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル